東のバンコク日録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

義実家アテンド②

2017年4月30日(日)晴れ時々曇りのち雨

今日はおなじみカンチャナブリへ。しかし行き先は少し違う。

朝早く出て、まずはWat Ban Tham 天龍寺へ。

入口。

f:id:jasminchef927:20170501104637j:image

お賽銭代わりに、この布袋さんのような像が持っている巾着袋に、小銭を投げ入れる。結構難しい。

f:id:jasminchef927:20170501104947j:image

ここのメインは、龍の口から伸びるこの階段。

f:id:jasminchef927:20170501105238j:image

手摺はラメまみれの龍。手。

f:id:jasminchef927:20170501105917j:image

中央には小ぶりの鐘と、雑な作りの撞木。

f:id:jasminchef927:20170501110129j:image

龍の顔。

f:id:jasminchef927:20170501110359j:image

龍の腹の中。

f:id:jasminchef927:20170501110453j:image

中腹にある窓から見える龍の爪。

f:id:jasminchef927:20170501113222j:image

龍のお腹から出て振り返ったところ。

f:id:jasminchef927:20170501113458j:image

正面には天龍寺の文字。

f:id:jasminchef927:20170501114058j:image

正面左手の暗がりに入っていくと、

f:id:jasminchef927:20170501114336j:image

大きな洞窟の中に、巨大な仏像が鎮座していた。

f:id:jasminchef927:20170501114504j:image

左上から自然光が差し込む。

f:id:jasminchef927:20170501114636j:image

お布施として金箔を買って、仏像に貼るようだ。

f:id:jasminchef927:20170501114925j:image

ラマ9世(前国王)のお言葉として雑誌に載っていた「仏像の背中に金箔を貼る」を思い出した。仏像の背中は見る人が少ないからといって皆が前面に金箔を貼ったら、完成された美しい仏像にはなり得ない。「人が知らないところで善いことをする」という意味の慣用句。

 

入って左手の階段を上ることができる。

f:id:jasminchef927:20170501115329j:image

上には仏像と、謎のお賽銭箱があった。コインが立つと幸せになれるらしい。4人で頑張って立てた。

f:id:jasminchef927:20170501115451j:image

それから、この石塊の周りを3回又は9回まわると幸せになれるらしいということで、3回まわった。なにやら幸せになれるスポットが多い。

f:id:jasminchef927:20170501121637j:image

戻って、今度は右手の急な階段を上る。龍のお腹をくぐり抜けたら頂上ではなかった。

f:id:jasminchef927:20170501121850j:image

さらに岩の階段を上る。

f:id:jasminchef927:20170501122237j:image

5分ほどで、仏像のある休憩所に着く。まだ上がある。

f:id:jasminchef927:20170501122522j:image

絶景哉。

f:id:jasminchef927:20170501122707j:image

左手の景色。川幅が広い。

f:id:jasminchef927:20170501123032j:image

この辺りでは良質な土がとれるらしく、採取を繰り返していたら川幅が広がったらしい。計画性なしか。

 

さらに石段を上がって、

f:id:jasminchef927:20170502094313j:image

やっと頂上。

f:id:jasminchef927:20170502094358j:image

頂上からの眺め。休憩所からの眺めとそれほど変わらないねと皆で笑った。

f:id:jasminchef927:20170502094506j:image

降りてきた。橙色の矢印が休憩所、桃色の矢印が頂上。

f:id:jasminchef927:20170502095002j:image

 

お次は虎のお寺、Wat Tham Seuへ。天龍寺の近く。

f:id:jasminchef927:20170503203458j:image

思ったより虎推しではない。申し訳程度の虎。

f:id:jasminchef927:20170503203606j:image

ケーブルカーで上へ。タイ人10THB、外国人20THB。

f:id:jasminchef927:20170503203717j:image

おそろしい傾斜。

f:id:jasminchef927:20170503203740j:image

階段もある。

f:id:jasminchef927:20170503203849j:image

おそろしい傾斜なのにドアがない。

f:id:jasminchef927:20170503204020j:image

到着して正面の銅羅。

f:id:jasminchef927:20170503204307j:image

中央を上手く撫でると、辺り一帯に響き渡るようなボワァーンという音がする。

右手にある巨大仏。

f:id:jasminchef927:20170503204515j:image

 

お昼は近くのPhai Rim Khwae Restaurantで。

一見民家と思われる道を入る。

f:id:jasminchef927:20170504004452j:image

川沿いの店だった。

f:id:jasminchef927:20170504004908j:image

干した豚肉を揚げたもの、エビフライ、卵焼き、炒飯とドリンクをいくつか頼んで、550THB。安すぎて思わず写真を撮った。

f:id:jasminchef927:20170504004947j:image

 

そしてサイヨークノイ滝へ。

なんと干上がっていた。

f:id:jasminchef927:20170504005151j:image

モーターサイで水源まで行けるらしいとのことで、機関車の横の階段を上る。

f:id:jasminchef927:20170504005324j:image

モーターサイの横にサイドカーがついたような乗り物が待機していた。

f:id:jasminchef927:20170504005357j:image

1人往復40THB。森の中を5分ほど走る。この疾走感。

f:id:jasminchef927:20170504005558j:image

到着。左手の小さな橋を渡って、右手へ行く。

f:id:jasminchef927:20170504005807j:image

棒が何本もかかっているあたりが水源。

f:id:jasminchef927:20170504005832j:image

驚くほどの清流。

f:id:jasminchef927:20170504005857j:image

ドクターフィッシュもいて、足を入れると寄ってくるがあまり食べない。

 

さらに泰緬鉄道のタムクラッセ駅へ。

時刻表にあった電車到着時間まで待っていたら、ほぼ時間通りに来た。

f:id:jasminchef927:20170504010129j:image

時刻表。

f:id:jasminchef927:20170504010146j:image

 

夜はサバイジャイへ。

ムー・サテ(豚の串焼き)。

f:id:jasminchef927:20170504010216j:image

コー・ムー・ヤーン(豚の首肉のグリル)。

f:id:jasminchef927:20170504010315j:image

手前がブロッコリーとエビの炒め物、奥が蟹の揚げ物。

f:id:jasminchef927:20170504010339j:image

クン・オプ・ウンセン(エビと春雨の蒸し物)

f:id:jasminchef927:20170504010350j:image

なんとガイヤーン売り切れ。

 

疲労困憊で帰路につく。