読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

〜がほしいと料理教室①

2017年2月16日(木)晴れ

タイ語には、〜がほしいという言い方が2種類ある。

①yaak daay

一般的な言い方

mii  daay

ア  人(友達や子供など)がほしいとき

イ  これまでに得たことがないものがほしいとき

 

語学とは関係ないが唐辛子ジャム(phrik jam)の話があった。

タイには唐辛子のジャムがあり、タイ人は唐辛子のジャムを食パンに塗って食べるらしい。辛いがきちんと甘みもあるらしい。放課後、トップスマーケットで探したが見当たらなかった。辛いもの好きな方がぜひ試したいと言っていたので、食べたら感想を聞きたい。

 

お昼からはお待ちかね、料理教室。去年コウケンテツさんも来たという有名どころ、ケィー先生の料理教室。ソイ41。

5回分で3500THB。週ごとにメニューが変わり、1週間のうち好きな曜日に行く。5回目は市場見学。

 

今日のメニューは以下のとおり。

・プーパッポンカリー

・パットパックブンファイデーン

 

教室内の様子。

f:id:jasminchef927:20170218083848j:image

必要な調味料が多い。しかも日本では見たことないものばかり。

f:id:jasminchef927:20170218083827j:image

後ろの列、右から順番に、

・シイイウカオ→椎茸醤油。子供印のブランドは、タイで最も人気のあるブランドとのこと。

・マッキーソース→シーズニングソース。タイではよく炒め物に入れるらしい。少しにおいがある。

オイスターソース→おばさん印のものは、タイで最も古く、良いブランドとのこと。図らずとも私が買ったものと同じ。

・ナムプリックパオの油→唐辛子のオイル。ラー油のように真っ赤だが、ほとんど辛くない。タイでは色付けのために使う。確かにプーパッポンカリーはラー油のような赤い油が見えるのに辛くないなと思っていた。こちらのメーカーでも良いとのこと。

f:id:jasminchef927:20170218091331j:image

前列右から、

・ミルク→カーネーションというブランドのもの。牛乳と豆乳が混ざったものらしく、薄い茶色。牛乳でも可。

・砂糖→タイ語だとナムターンサイ

・カレー粉→このブランドが良いとのこと。

f:id:jasminchef927:20170218084551j:image

・片栗粉(砂糖の後ろにある) 

 

作り方は簡単。野菜を切って、調味料を混ぜて、炒める。以上。

 

次にパッパックブンファイデーンの調味料。上記と被っているので違うものだけ写真を。

f:id:jasminchef927:20170218090349j:image

・タオジョウ→大豆の味噌。日本のものと異なり大豆の粒が入っている。

・シイイウカオ

オイスターソース

・砂糖

オイスターソースだけではなかった。

 

空芯菜を切って調味料と合わせて炒める。以上。

 

いずれの料理もにんにくを潰すという過程があり、専用の石臼がある。教室でも売っていた。400THB。持ってみたら結構重かった。

f:id:jasminchef927:20170218085132j:image

 

できあがり。お店と同じ味がして、感動した。

f:id:jasminchef927:20170218085259j:image

 

習ったら即実践。帰りに、スーパーを3つ回って調味料を買い揃えた。

f:id:jasminchef927:20170218085341j:image

右から4つ目のマッキーソースは、メーカーは同じだが教室で使っていたものとはちょっと違う。店員に聞いたところによれば、そのまま目玉焼きにかけたり、エビをつけたりすることができるとのことで、炒め物のイラストが書いてあるものと同じらしい。しかし用途からすればおそらく教室で使っていたものより味が軽めと思われる。

 

カニのむき身が高かったので、エビで。タイはエビが安い。

クンパッポンカリー。

f:id:jasminchef927:20170218085558j:image

 パッパックブンファイデーン

f:id:jasminchef927:20170218085616j:image

 

プーパッポンカリーを作れるようになって大満足。毎週楽しみ。