東のバンコク日録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

ゆうたろう、誠屋、KFハウス②とKarmakamet Diner

2017年4月28日(金)曇り

今日のSSTは、muan kanとdiaw kanの復習。

さらに、onlyも新しく学んだ。

khee〔たった〕

thaw-nan〔〜だけ〕

組み合わせて使うこともできる。

 

お昼はお寿司屋さんYuutaroへ。ソイ51。プロンポンからバスに乗る。

バンコクのバスはフレキシブルで、降車ボタンを押すとどこでも止まってくれる。しかしどこに行くかわからないのでおそろしくてプロンポン→トンローしか使ったことがない。

 

ソイ51はお店が少なく幼稚園や学校が多い。本当にあるのか心配になった頃に、スタイリッシュな建物が見えてきた。

f:id:jasminchef927:20170429192226j:image

店名はローマ字かと思いきや、表玄関には和風な看板。

f:id:jasminchef927:20170429192358j:image

店内はシンプルで広め。子供がいる方が、ゆうたろうは使いやすいと言っていたのがわかる。写真にはカウンター席が写っているが、手前にはテーブル席がたくさん。

f:id:jasminchef927:20170429192532j:image

平日ランチメニュー。土日は内容が変わるらしい。

f:id:jasminchef927:20170429192641j:image

寿司セットBを注文。サラダと鮭の南蛮漬け。お茶は日本と同じように無料で出てきて、おかわり自由。

f:id:jasminchef927:20170429192737j:image

寿司、茶碗蒸し、お吸い物。

f:id:jasminchef927:20170429192817j:image

アイスクリーム。ストロベリーとクッキーアンドクリームから選ぶ。

f:id:jasminchef927:20170429192853j:image

 

ソイ51の近くには誠屋があるので、初めて入ってみた。誠屋は、日本食材の業務用スーパー。

f:id:jasminchef927:20170429195903j:image

ここのお米は美味しいらしいと聞いていたが、うちは新しく買ったばかりだったので店内を眺めるにとどめた。

ラーメンの麺があったので、焼きそばもあるかと思ったら売り切れだった。麺類と餃子の皮は火・金の夕方に入荷とのこと。

f:id:jasminchef927:20170429200120j:image

チェンマイコーヒーがあった。必要になったらここに買いに来よう。

f:id:jasminchef927:20170429200239j:image

 

その後、仮縫いのためKFハウスへ。本来なら客が持ち込んだ布で仮縫いするらしいが、おばちゃんは、なぜか私がキャンセルしたと思い違いをしたらしく、自前の布で仮縫いをしてくれていた。ので上下で色が違う。

f:id:jasminchef927:20170429193019j:image

着用して、ディテールを詰める。
・プリーツの幅を12㎝→10㎝に
・ウェストを3㎝ほど上げる
・襟ぐりをゆるやかなV字に変更
・脇を詰める
・袖の長さを12㎝→10㎝に

 

来週の木曜に受け取りに行く。月曜でもいい(タイ語でwan-can koo daay)と言われた。予想よりだいぶ早くできるようだ。

余った布で作るスカートも、その場でお願いしてきた。フレアスカートにする予定。

 

夜は、Karmakamet Dinerへ。エンポリアムの裏。かなり奥まったところにある。

バンコク銀行エンポリアム支店とベンチャシリ公園の間の道(エンポリの敷地内に見える)を入ってまっすぐ行くと、左手に看板が見える。

f:id:jasminchef927:20170429193711j:image

この壁の向こうの小道を歩いて行く。

f:id:jasminchef927:20170429193735j:image

外観。

f:id:jasminchef927:20170429193940j:image

着席したら、お隣の席の人がここの名物の綿菓子ケーキを食べていた。

f:id:jasminchef927:20170429194029j:image

メニューも凝っていて、使い古されたように見えるが全て印刷。右のページなんかは文字が色移りしたように見えるが、前後にこのようなページはない。

f:id:jasminchef927:20170429194218j:image

コースターも凝っている。

f:id:jasminchef927:20170429194325j:image

開くとエアメール風の手紙になっている。

f:id:jasminchef927:20170429194408j:image

Lucy in the sky with diamondという名前のカクテル。Strawberry fields foreverというカクテルもあった。

f:id:jasminchef927:20170429194611j:image

卓上のこの立派な薔薇はなんと生花。

f:id:jasminchef927:20170429194704j:image

隣席との仕切り棚にはエッセンシャルオイルの瓶がずらり。

f:id:jasminchef927:20170429195010j:image 

壁には、薬草棚と思しき引出しがたくさんある。ちゃんと取っ手はあるが、引き出すことはできなかった。

f:id:jasminchef927:20170429194950j:image

 

パン、美味しい。バターもお洒落。

f:id:jasminchef927:20170429194737j:image

さすがにお値段は全体的に高め。

じっくり煮込んだ牛タンとホタテ。

f:id:jasminchef927:20170429195242j:image

ホタテとムール貝のクリームソース。

f:id:jasminchef927:20170429195330j:image

低温調理したポークリブ。肋骨付きで、ラチャダーの鉄道市場で食べたポークリブを思い出した。

f:id:jasminchef927:20170429195402j:image

タルトタタン

f:id:jasminchef927:20170429195503j:image

夫はラベンダーアイス。フレグランスのお店らしく、アイスの色は白だが芳醇な香りがした。

どれも素晴らしく美味しかった。