東のバンコク日録

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

ベトナム③とタイ語検定合格

2017年12月4日(月)曇り

朝起きたら微熱。昨日レストランに行く途中で雨に降られたのがいけなかった。

朝ごはん。

f:id:jasminchef927:20171214213210j:image

左:白くてモチモチした生地にオレンジ色のエビチリを曖昧にした感じのソースをかけて食べる。スタッフによればローカルフードらしいのだが、調べてもなんだかわからない。

f:id:jasminchef927:20171214213725j:image

これもローカルフードらしいが、調べてもよくわからない。外は饅頭のようで、中はピーナッツとザラメ。ちょうど良い甘さで、珍しく夫が気に入っていた。

f:id:jasminchef927:20171214213747j:image

 

ホイアンを発つ前にもう一度、Hoi An Roasteryへ。これは初日のTamTamがある通りの西端にある店。ピンクの帽子の人は店と無関係の物売り。

f:id:jasminchef927:20171214215331j:image

やっぱり2階席。

f:id:jasminchef927:20171214214709j:image

Cold Brew Coffeeとパッションフルーツジュース。

f:id:jasminchef927:20171214214650j:image

明るいホイアン

f:id:jasminchef927:20171214220822j:image

 

ダナンへ向かう。ホテルで車のチャーターをお願い。ダナンの観光名所をいくつか回って最終的に空港で降ろしてもらうプラン、35USD。

まずは五行山へ。大理石が取れるので、マーブルマウンテンともいう。

f:id:jasminchef927:20171214215435j:image

入場料4万VND、中腹の五重の塔までエレベーター片道1.5万VND。エレベーターまで予想外の長蛇の列。

f:id:jasminchef927:20171214215759j:image

眺め良し。ただしかなりの強風。

f:id:jasminchef927:20171214215902j:image

書き忘れたがベトナムは初日からずっと寒く、長袖が手放せない気候だった。五行山は5つの山を合わせた名称で、写真に写っているのはその一部。

五重の塔。

f:id:jasminchef927:20171214220227j:image

集まっている。

f:id:jasminchef927:20171214220247j:image

本当は徒歩で色々歩き回れるのだが、体調を考慮して断念。

f:id:jasminchef927:20171214220341j:image

エレベーターを降りて右へ、エレベーター沿いに進んで行くと、右手に洞窟が見えてくる。

f:id:jasminchef927:20171214220449j:image

怪しげな橋を渡る。

f:id:jasminchef927:20171214220757j:image

中は明かりが少なく真っ暗。怪しげな像。

f:id:jasminchef927:20171214221159j:image

天窓。

f:id:jasminchef927:20171214221223j:image

フラッシュ全開で撮った、壁に張り付く無数の仏像。

f:id:jasminchef927:20171214221326j:image

夫がカメラで撮影。

f:id:jasminchef927:20171214221358j:image

入口の橋の横の池、よく見ると手が。

f:id:jasminchef927:20171214221505j:image

 

続いて砂浜が綺麗と評判のミーケビーチ。

f:id:jasminchef927:20171214221535j:image

冬の日本海のようだ。

 

ドラゴン橋。

f:id:jasminchef927:20171214221613j:image

土日の21時は火を、次いで水も吹くらしい。

その横の小さなドラゴン像と、

f:id:jasminchef927:20171214221714j:image

愛の橋。

f:id:jasminchef927:20171214221758j:image

赤いドレスを着たカップルが計3組も撮影をしていた。

手摺には無数の南京錠。

f:id:jasminchef927:20171214221833j:image

 

ダナン大聖堂。ポップなサーモンピンク。

f:id:jasminchef927:20171214221906j:image

入口は裏側。入って右上方の写真を撮っている人がいたのでつられて見たら、キリストがいた。

f:id:jasminchef927:20171214222011j:image

 

ダナン名物ミークアン(米粉麺)を食べに、Mi Quang A1へ。

f:id:jasminchef927:20171214222144j:image

内観。14時過ぎだったので人はほとんどおらず。

f:id:jasminchef927:20171214222202j:image

メニュー。

f:id:jasminchef927:20171214222409j:image

スペシャルミークアン。

f:id:jasminchef927:20171214222244j:image

優しい味…

 

さらにチキンライスを食べにCom Ga A Haiへ。

f:id:jasminchef927:20171214222525j:image

なんと日本語メニューがある。店員お勧めの上2つを注文。

f:id:jasminchef927:20171214222555j:image

スープ、タレと謎の漬物が出てきた。スープは鶏だし、美味。

f:id:jasminchef927:20171214224247j:image

焼き鳥ライス。

f:id:jasminchef927:20171214224201j:image

少なくとも、焼きではないと思う。 

ゆで鶏ライス。

f:id:jasminchef927:20171214224402j:image

いずれもお勧めするだけあって美味しかった。 

 

16:30頃、ダナン国際空港でチャーターした車とお別れ。悪寒で震えながらホーチミン行きの飛行機を待っていると、同じマンションの友人から待ち望んでいた連絡が。タイ語検定の結果がそろそろ届くと見込んで、出発前に郵便受けを時々覗いてもらうようにお願いしていたのだ。

大きい封筒が3つ、届いているとのこと。経験上、大きい封筒は吉報だが、はやる気持ちを抑えて開封をお願いする。

4級合格、87.3点。

f:id:jasminchef927:20171214223818j:image

3級も合格、80.3点。

f:id:jasminchef927:20171214223834j:image

「マリンのタイ文字入門」を途中まで読んでいたとはいえ、タイ文字のクラスが始まって約2ヶ月でよく受かった。

受かっていたので勉強法を書く。春秋8回分の過去問を解いて、知らない単語を全て書き出し、ひたすら覚える。単語帳にはタイ文字と、発音記号と、意味の3つを書く。最初はタイ文字と意味だけにしていたのだが、いかんせん頭に入らない。文法も知らないものがいくつか出てくるので、それもメモする。

単語集も販売されているが、個人的には、自分が実際に解いた過去問から拾い出した方が覚えやすいし、試験の時間配分の練習にもなるので自分で作った方が良いと思う。

綴り問題は捨て問としてほとんど対策せず。リスニングも最初に聞いたときはあまりの難しさに絶望したが、知っている単語が増えればなんとかなる。

夫もめでたく4級合格。良かった。これで心置きなくタイを発てる。

 

ホーチミン到着。空港でビナサンタクシーを拾う。ホテルはCap Town Hotel。繁華街の中にある。

f:id:jasminchef927:20171214224909j:image 

シャワーが一風変わっていて、どうやらジャグジーにもなるようだった。

f:id:jasminchef927:20171214225030j:image

泥のように眠る。

ベトナム②

2017年12月3日(日)曇り

ホテルで朝ごはん。すぐ向こうはプールという斬新な設計。

f:id:jasminchef927:20171214193922j:image

ベトナム料理もいくつか、卵のライブキッチンもあり、品揃えはまあまあ。パッションフルーツがあったのでいそいそと持ってきたら、とんでもない酸味。

f:id:jasminchef927:20171214193815j:image

何事かと思って果皮を見たらまだ緑だった。

f:id:jasminchef927:20171214194020j:image

 

再び天然石のお店、GAMへ。普段なら絶対に選ばない色なのに、なぜか惹かれたルビーの指輪

ピントも合わず色もきちんと出ていないが、これ。

f:id:jasminchef927:20171214194602j:image

カボションカットは比較的インクルージョンが多く透明度が高くない石に対して採用されることが多いことは調べて分かっていたが、これに決めた。日本円にして約一万円。

購入者は、無料で2階のギャラリーを観覧することができる。

f:id:jasminchef927:20171214194621j:image

階段上がって正面のスターローズクォーツ。60kg。

f:id:jasminchef927:20171214195041j:image

写真には写らないが、光の加減で全面に大きなアスタリスクが見える。

ルチルクォーツの熊。針状のインクルージョンがルチル。

f:id:jasminchef927:20171214195825j:image

ルビーのトカゲ。

f:id:jasminchef927:20171214195907j:image

カルサイトのサンゴとトルマリンの魚。

f:id:jasminchef927:20171214200001j:image

石の名前もモチーフも忘れてしまったが、綺麗な色。

f:id:jasminchef927:20171214200219j:image

2階からの景色もなかなか。

f:id:jasminchef927:20171214200302j:image

1階は原石のギャラリーで、こちらの方が面白かった。

コランダム。鋼玉とも言い、顕れた色によってサファイヤ、ルビーと呼ばれる。

f:id:jasminchef927:20171214200340j:image

f:id:jasminchef927:20171214212501j:image

クォーツ。

f:id:jasminchef927:20171214201243j:image

スピネル。尖晶石ともいい、レッドスピネルはルビーと混同されるほど美しかったとか。

f:id:jasminchef927:20171214200737j:image

こうして原石を見ていると、透明度が高くて不純物が少なく、宝飾品になりうるレベルのものというのはやはり少ないのだろうなと思う。

ベトナム天然石マップ。

f:id:jasminchef927:20171214201405j:image

 

お昼はバインミー。初日のバンの運転手が教えてくれた有名店、バインミーフーン。旧市街地の東のはずれ。

ここだけ大混雑。

f:id:jasminchef927:20171214201536j:image

6:30〜21:30まで営業。

f:id:jasminchef927:20171214201706j:image

ショーケース。

f:id:jasminchef927:20171214202212j:image

全部入りで確か2万5000VND。0を2つ取って2をかけると日本円になる。約500円。

 f:id:jasminchef927:20171214201907j:image

チャーシューやら何やら肉が多めで美味しい。さすがファランが群がるだけある。

 

2日目のホテルに移動。Little Town Villa。ここは旧市街地から少し離れているので、無料自転車レンタルあり。

f:id:jasminchef927:20171214202151j:image

新しく、小綺麗。

f:id:jasminchef927:20171214202236j:image

部屋。広い。

f:id:jasminchef927:20171214202349j:image

洗面所。

f:id:jasminchef927:20171214202431j:image

お風呂。シャンプー系は質素。

f:id:jasminchef927:20171214202503j:image

 

自転車で出かける。昨日、VI CAFEで偶然隣り合わせたおじさま方に教えてもらった、もう1つのバインミー屋さん、バインミークイーンへ。旧市街地の北、やや西寄り。VI CAFEの近く。

f:id:jasminchef927:20171214202602j:image

ショーケース。

f:id:jasminchef927:20171214203035j:image 

ここも大入り。

f:id:jasminchef927:20171214202922j:image

炒り卵入り、4万VNDとお高めだがボリューム大、美味しい。

f:id:jasminchef927:20171214203015j:image

しかしフーンの方が肉多めで好み。

 

Hoi An Roasteryで一休み。旧市街地内に3店舗あるが、これは北西にあるもの。

f:id:jasminchef927:20171214203514j:image

2階席も良いのだが、

f:id:jasminchef927:20171214203623j:image

2階のテラス席がかなり良い感じ。

f:id:jasminchef927:20171214203800j:image

Cold Brew Coffeeのサイゴン風ラテとパッションフルーツスムージー。

f:id:jasminchef927:20171214203901j:image

このラテ、美味しかった。

 

ギャラリー兼雑貨屋cotic。

f:id:jasminchef927:20171214204057j:image

手前がギャラリーなので入りにくいが、中庭を超えた奥はなかなか良い雑貨が多数。ただしお高め。

f:id:jasminchef927:20171214204155j:image

アジサイという名の雑貨屋。

f:id:jasminchef927:20171214204304j:image

がっつり日本語の看板があったのだが日本人オーナーだろうか。

その他、チラリと覗く寺子屋の文字。

f:id:jasminchef927:20171214204410j:image

斬新なディスプレイのランタン。

f:id:jasminchef927:20171214204439j:image

 

晩御飯はこれまたホイアンの有名店、モーニング・グローリーで。

「魚を正しく味わうには、3度泳がせなければならない。水の中、バターの中、そしてワインの中。」ポーランドの諺。

f:id:jasminchef927:20171214210355j:image

しかしワインは飲まない。

ホイアン風チキンライス。

f:id:jasminchef927:20171214205230j:image

ティット・コー、ベトナム風豚の角煮。

f:id:jasminchef927:20171214205246j:image

どちらも美味、そして優しい味。

右、ホイアンのビール、ラルー。

f:id:jasminchef927:20171214210301j:image

何度か前を通ったこの緑の建物、初めて開いているのを見た。陶器系の骨董品屋さんのように見えた。

f:id:jasminchef927:20171214215141j:image

 

今夜も街は綺麗だった。撮影者は夫。

f:id:jasminchef927:20171214214856j:image

f:id:jasminchef927:20171214215013j:image

f:id:jasminchef927:20171214215034j:image

早めに就寝。

ベトナム①

2017年12月2日(土)曇りのち雨

タイでは、12月5日(火)はラマ9世の誕生日で祝日。夫の会社は12月4日(月)も休みだったので、今日から四連休。

最後の旅行へ、行先はベトナムホイアン2→ダナン1→ホーチミン1の予定。

10:45ドンムアン発、12:10ダナン国際空港着。生憎の小雨。

空港からホイアンのホテルまでは、Hoian Expressというサイトでシャトルバンの予約をしておいた。スタッフが私たちの名前が描かれたボードを掲げているのですぐわかる。

f:id:jasminchef927:20171213220658j:image

片道1人6USD。ベトナムの通貨単位はベトナムドン(VND)だが、たまにドル表示もある。

最大10人の乗り合いで、かつ出発時間が決まっているという不便さがあるが、これはお得だと思う。実際の乗員は、私達2人の他にバックパッカーらしき青年1人の計3人。

出発までの間に、空港を出てすぐ左手の両替所で3000THB分のみ両替。3軒あったが3軒ともレートが違い、その差は結構大きかった。尋ねて良かった。

 

ホテルに到着。River Suites Hoian。

f:id:jasminchef927:20171213222125j:image

通りからも見えるランタンが目印。

f:id:jasminchef927:20171213222527j:image

部屋にもランタン。

f:id:jasminchef927:20171213232537j:image

水回り。後ろには一応バスタブがある。

f:id:jasminchef927:20171214171444j:image

一応、リバービュー。

f:id:jasminchef927:20171213232607j:image

 

街へ出る。まずはホテルから近いレストラン VI CAFEで遅いお昼。

f:id:jasminchef927:20171213232930j:image

ホイアン三大名物を頂く。

①ホワイトローズ。茹でた海老ワンタンを白バラに喩えたもの。タレはヌクマム(ベトナムの魚醤)の匂いがする白だしのようなもの。

f:id:jasminchef927:20171213233048j:image

②揚げワンタン。サルサソースのようなものとフライドオニオンが乗っている。

f:id:jasminchef927:20171214172938j:image

③カオラウ。日越が交易していた頃に伝わった伊勢うどんがルーツと言われている。しかしコシがある。甘くて優しい味。

f:id:jasminchef927:20171214173429j:image

ベトナムコーヒー。コンデンスミルクたっぷり。

f:id:jasminchef927:20171214173511j:image 

 

食後は近くにあるチョコレートショップ Phevaへ。ベトナムはフランスの占領下にあったので仏文化の名残がある。

f:id:jasminchef927:20171214173900j:image

カラフルなボックスに、胡椒やマンゴーなどいろいろな風味が加えられたチョコが詰まっている。

f:id:jasminchef927:20171214174147j:image

試食用に、各味の珈琲豆の形をしたチョコレートが用意されている。お土産用にいくつか購入。

 

旧市街地に入る。建物の外壁が山吹色で可愛い。

f:id:jasminchef927:20171214182949j:image

f:id:jasminchef927:20171214183027j:image

f:id:jasminchef927:20171214183046j:image

 

来遠橋(日本橋)。

f:id:jasminchef927:20171214183223j:image

サイドは派手め。

f:id:jasminchef927:20171214183242j:image

アンホイ橋。日の下では地味。

f:id:jasminchef927:20171214191345j:image

 

天然石のお店GAM

f:id:jasminchef927:20171214183408j:image

ブルースピネル、ピンクスピネル、ルビーの指輪で悩みに悩み、明日再訪することに。

 

日が暮れてきた。実は昨日がまさにランタン祭りの日だったのだが、普通の日でも十分綺麗。

f:id:jasminchef927:20171214184209j:image

f:id:jasminchef927:20171214184238j:image

f:id:jasminchef927:20171214184403j:image

このブログの写真は基本的にiPhoneで撮影。上掲のとおりそこそこ雰囲気のある写真が撮れるが、やはり夜景は良いカメラに限る。

こちらはLUMIXで夫が撮った写真。単なる腕の違いやもしれぬ。

f:id:jasminchef927:20171214184743j:image

f:id:jasminchef927:20171214184826j:image

f:id:jasminchef927:20171214184900j:image

f:id:jasminchef927:20171214184928j:image

f:id:jasminchef927:20171214185217j:image

これはトゥボン川に映る対岸、アンホイ島。耳をすませば、に一瞬だけ出てくる街並みのよう。

 

川に最も近い通りを歩いていたら、川から水が溢れていた。船が接岸しているあたりにボラード(もやい綱を掛ける鉄柱)があるが、そこからこちらは本来、陸。

f:id:jasminchef927:20171214191700j:image

水を切る自転車。

f:id:jasminchef927:20171214191522j:image

 

夜ご飯はホイアン老舗のカフェ、Tam Tamにて。先ほどのランタンのところ。

f:id:jasminchef927:20171214185509j:image

2階は人少なめ。

f:id:jasminchef927:20171214185755j:image

手前から、フォー、生春巻き、ワンタンスープ(なぜか麺入り)。

f:id:jasminchef927:20171214185905j:image 

バインセオ、ベトナム風お好み焼き。

f:id:jasminchef927:20171214190105j:image

ライスペーパーにお好み焼きと野菜を種々包み、甘いナッツのタレをかけて食べる。

f:id:jasminchef927:20171214190224j:image

タイ料理の味の濃さに慣れてしまったせいか、何を食べても、優しい味…という感想になる。

2階からの景色も、なかなか。

f:id:jasminchef927:20171214195212j:image

 

アンホイ橋を渡ってアンホイ島へ。

f:id:jasminchef927:20171214190432j:image

ホイアンなのかアンホイなのか、はっきりしてほしい。

アンホイ島のナイトマーケットではランタンが売られている。

f:id:jasminchef927:20171214190527j:image

もちろんお土産物もたくさん。

 

来遠橋を西向きに渡って帰る。

f:id:jasminchef927:20171214190818j:image

通りの終わりあたりに、今年の初めに長崎県から寄贈されたばかりの御朱印船のレプリカがあった。

f:id:jasminchef927:20171214190946j:image

詳細はこちら。

f:id:jasminchef927:20171214191005j:image

定例会と鮨忠

2017年12月1日(金)晴れ

今日は第2回定例会に参加。発起人がスライドでバンコクを去るため、皆でちょっとした壮行会。

 

お昼は鮨忠へ。トンローエイト内。

握り寿司ランチ。380THBほどだったか。

f:id:jasminchef927:20171213204552j:image

茶碗蒸し。

f:id:jasminchef927:20171213204627j:image

デザートはメロン。

f:id:jasminchef927:20171213204658j:image

セミナー、Phuket Town Restaurantとร้านอาหารเจ็เลี๊ยบ

2017年11月30日(木)晴れ

朝は最近お知り合いになった方主催のセミナーへ。「バンコクで英語学習を語る会」と題し、英語学習に関するお互いの悩みと体験談を語り合う。

題材は意識高そうだが、敷居は決して高くなく、終始和やかな雰囲気の下で行われた。

主催者のブログはこちら。

海外転勤族ママ カナコの英語コンプレックス克服記 in Bangkok

 

お昼はPhuket Town Restaurantへ。トンローソイ4のどん詰まり。

f:id:jasminchef927:20171213202737j:image

外観。中国語でプーケットの文字。

f:id:jasminchef927:20171213202847j:image

テーブルはシンプルだが店内の壁には様々な絵が描かれており、かなり賑やかだった覚えが。

メニューが動いている写真しかなかった。

f:id:jasminchef927:20171213203011j:image

プーケットの名物、ルークチンプラー・魚のすり身。

f:id:jasminchef927:20171213203040j:image

蒲鉾のような食感。タレは飛びのくほど辛い。

マッサマンカレー ロティ付き。

f:id:jasminchef927:20171213203147j:image

 

夜はローカルシーフード店、ร้านอาหารเจ็เลี๊ยบ(たぶんraan aahaan celiap)へ。BTS Sanam Pao駅の南にある。

ここはインスタで知った。このアカウントは、インスタ映えするお店よりもローカルで美味しいお店の紹介が多くて重宝する。

トロえもん (@anglesea_arms) • Instagram photos and videos

店先には、こんな風にシーフードが並べてある。氷の上方式でやや不安になる。

f:id:jasminchef927:20171213203224j:image

ホタテのハーブバター焼き(大)。確か380THBほど。

f:id:jasminchef927:20171213203435j:image

エビのグリル。サイズによって値段が異なり、これは1匹確か450THBほど。高いと感じる値段設定だが、抜群に、美味しい。

f:id:jasminchef927:20171213203454j:image

プーパッポンカリー 400THB。市場でよく見る謎に形の整った剥き身ではなく、ちゃんと蟹からほぐしたもののように見える。

f:id:jasminchef927:20171213203515j:image

日本人客が珍しいのか、寄ってたかって店員がやって来て、最後にはミカンジュースまでくれた。こちらでよく見る、将軍みかんのジュース。

夫が、やけに親切だがぼったくられたのだろうかと心配していたが、テラス席に置いてあったタイ文字のメニューも同じ値段だった。役に立つソーソートー。