東のバンコク日録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

ナム・マトゥーム

2017年5月17日(水)雨のち晴れ

今日もまた明け方は豪雨と雷だった。

 

今日のSST

①phro waa 〜

〔なぜならば〜〕thammayで聞かれた文に答える時に使う。英語のbecauseにあたる。

②V kan

〔一緒にV する〕喧嘩や結婚、お喋りなど相手が必要な動詞につける。

 

お昼はさっと済ませてピラティスへ。1週間空いたので身体がギシギシいう。

 

帰ってきて、チェンライで買った、ナム・マトゥームを淹れた。

f:id:jasminchef927:20170518085434j:image

ナムは水、マトゥームはこの柑橘系の果物の名前。マトゥームはタイ名で、英名はベールフルーツ。別名「ベルノキ」「インドカラタチ」とも呼ばれる。インドでは、シヴァ神とその妻がこの果実を好んだことから神聖な木とされ、インド大陸の伝統的医学アーユルヴェーダでもよく利用されるとのこと。

ややスパイシーな香り。甘い香りはない。

 

お湯0.5リットルにマトゥームを3つ入れて、15分待ったものがこちら。

f:id:jasminchef927:20170518090441j:image

相変わらずスパイシーな香り。しかしほんのり甘い香りもするようになった。

まずはそのまま。味はほとんどしない。ハーブティーのように、香りを楽しむもののよう。

砂糖を一杯入れる。アーバンリトリートで飲んだものとだいぶ近くなった。なかなか美味しい。

冷やして飲んでも美味しいとのことなので冷やしてみたが、クセが際立つ気ように思われる。抽出時間が長かったのかもしれない。

マトゥームは何度か使えるとお茶屋さんの方が言っていたので、タッパーに入れて冷凍庫へ。