東のバンコク日録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

コムローイ③とフジヤマ55

2017年5月7日(日)晴れ

ホテルの石鹸と石鹸皿。完成されている。

f:id:jasminchef927:20170510154504j:image

朝食会場。天井が高くて開放感がある。

f:id:jasminchef927:20170510154551j:image

卓上にはアカ族の一輪挿し。

f:id:jasminchef927:20170510154638j:image

 

今日1つ目の観光地は、ワット・ロンクン(ホワイトテンプル)。

チェンライ出身の芸術家、チャルムチャイ・コーシッピパット氏がデザインした、まだ新しいお寺。テーマは昨日のバーンダムと正反対で、天国がモチーフらしい。

作者のチャルムチャイ氏は、バーンダムの作者タワン・ダッチャニー氏と親友らしい。

f:id:jasminchef927:20170510154900j:image

親友の影響を受けすぎでは。

f:id:jasminchef927:20170510180245j:image

池の中には白い鯉。SSTの鯉と同じで口周りが平たい。

f:id:jasminchef927:20170510180414j:image

お堂までの橋の右側。

f:id:jasminchef927:20170510180513j:image

左側。親友の影響を受けすぎでは。

f:id:jasminchef927:20170510180608j:image

橋の下は地獄で、早く通り抜けないと地獄に落ちるらしい。通り抜けた先には天国があるとのこと。

爪が赤いのもあり、かなり不気味だった。

f:id:jasminchef927:20170510180634j:image

天国への橋。

f:id:jasminchef927:20170510195547j:image

中は撮影禁止。中には巨大仏が安置されていた。

本堂横の仏像。真っ白だがあまりに作り込まれていて空恐ろしい感じがする。

f:id:jasminchef927:20170510185626j:image

おそろしい数の絵馬のようなものがぶら下がっている。

f:id:jasminchef927:20170510191221j:image

屋根にも。

f:id:jasminchef927:20170510191318j:image

これは見ていて心が落ち着く。

f:id:jasminchef927:20170510191409j:image

丁寧に手入れされている下生え。

f:id:jasminchef927:20170510191428j:image

これがトイレ。

 f:id:jasminchef927:20170510191457j:image

ご尊顔。だいぶポップな感じ。

 f:id:jasminchef927:20170510191544j:image

ガイドさんお勧めの博物館へ。敷地内に入って左手の後方にあったように思う。ここにも作者が。

f:id:jasminchef927:20170510191649j:image

中は撮影禁止。寺院から感じる圧とは全く違った、綺麗な絵が飾られていた。これが彼の想像する天国かと納得。色使いが井上直久耳をすませばの背景を担当した画家)に似ていた。

ガイドさんに博物館を見たら絵が欲しくなったと言ったら、とても高いですよ、1億円以上する絵もあるよと言われた。敷居が高すぎる。

 

続いてシンハーパークへ。

f:id:jasminchef927:20170510192732j:image 

ここは、タイの有名なビール、ビア・シンを製造するブンロートブリュワリー社が運営する巨大農園兼テーマパーク。先ほどwikiを見て初めて知ったが、「シンハー・ビール」は愛称で、「ビア・シン」の方が正式名称らしい。逆だと思っていた。

前から。

f:id:jasminchef927:20170510192747j:image

後ろから。

f:id:jasminchef927:20170510192818j:image

入って右手の売店とカフェ。一風変わった牛のオブジェ。

f:id:jasminchef927:20170510193035j:image

園内はとんでもなく広く、徒歩ではとても回れないので、無料のバスが走っている。

f:id:jasminchef927:20170510192930j:image

これに乗って、各写真スポットを10分刻みで回る。

 

スポット①

f:id:jasminchef927:20170510193135j:image

f:id:jasminchef927:20170510193149j:image

謎の奇岩。

f:id:jasminchef927:20170510193228j:image

みっしり茶畑。

f:id:jasminchef927:20170510193347j:image

ゴムの木。

 f:id:jasminchef927:20170510193402j:image

 

スポット②。ここは動物がいる。

すらり。

f:id:jasminchef927:20170510193326j:image

ズーム。

f:id:jasminchef927:20170510193432j:image

シマウマ。

f:id:jasminchef927:20170510193633j:image

20THBくらいでバナナを買って動物にあげることができる。子供たちが皆怖がって早く手を離すので、動物たちは度々バナナを受け取り損ねていた。

長い舌。柔らかい首。

f:id:jasminchef927:20170510193914j:image

水牛。昨日のバーンダムに頭蓋骨がたくさん飾られていた。

f:id:jasminchef927:20170510194020j:image

奥にいる、黒い水牛の角の形が美しい。

f:id:jasminchef927:20170510194137j:image

広大な敷地。

f:id:jasminchef927:20170510194911j:image

木陰に隠れていた、仲睦まじげなインコ。近くに置いてあったひまわりの種を差し出すと寄って来るらしい。後で知ったのでできなかった。残念。

f:id:jasminchef927:20170510194851j:image

 

スポット③。ここはイタリアンレストランとアクティビティがある。レストランはもう1つ、丘の上にもある。

7階建てのこのタワーからワイヤーで滑り降りる、ZIP LINEに挑戦したかったので、私たちはここで降りた。

f:id:jasminchef927:20170510201203j:image

先にカフェ前のレンタルショップで1人300THBを払い、器具を装着してもらう。誓約書も書いた。

f:id:jasminchef927:20170510201837j:image

スタート台。

f:id:jasminchef927:20170510202043j:image

高い。

f:id:jasminchef927:20170510202108j:image

器具についている滑車をワイヤーに装着して、扉が開いたら足を離すだけ。自然と滑り出す。

絶叫系は苦手だが、全く怖くなくとても楽しかった。最後に水面すれすれの箇所があり、着水しないかひやひやした。

着地の際は、下の写真の右端の人が、オレンジの紐を張ってスピードを緩めてくれる。原始的。

f:id:jasminchef927:20170510202329j:image

後続の方がやってきた。

f:id:jasminchef927:20170510202506j:image

2組待って、ピックアップトラックで出発地点まで戻る。まさかこんなところでピックアップに乗る機会に恵まれるとは。

f:id:jasminchef927:20170510202614j:image

ピックアップトラック内では、生きて帰ってきたぞ、凱旋だ、という冗談が飛び交った。

 

レストランでランチ。

f:id:jasminchef927:20170510202803j:image

スモークサーモンのクリームパスタとグリルチキンサラダ。

f:id:jasminchef927:20170510202822j:image

スイカスムージー。

f:id:jasminchef927:20170510202947j:image

メニューにはなかったが、スイカジュースとブルーベリースムージーはあったので、材料と器材は揃っていると踏んでお願いしたら応じてくれた。タイはそういうところがいい。しかしできればメニューに載せておいてほしい。

ブルーベリースムージー。

f:id:jasminchef927:20170510203007j:image

 

これでツアーは終わり。ツアーバスに乗って、丘の上のもう1つのレストランへ残りの客を迎えに行く。

f:id:jasminchef927:20170510203601j:image

展望スペースから望む茶畑。

f:id:jasminchef927:20170510203624j:image

 

空港へ。チェンライ空港の国内線は、手荷物検査を終えると狭い待合スペースとコーヒーショップしかないので、時間を潰すならその手前で。

 

ノックエアーが、ゲートから飛行機までのわずかな距離を歩くために日傘を貸してくれた。

f:id:jasminchef927:20170510203817j:image

 

夜ご飯はフジヤマ55へ。名古屋の大須に本店があるつけ麺屋さん。ソイ39の右手、イタリアンレストランAmanoの奥にある。

内観。

f:id:jasminchef927:20170510203941j:image

通常のつけ麺。

f:id:jasminchef927:20170510204112j:image

海老つけ麺。

 f:id:jasminchef927:20170510204125j:image

ここは電磁コンロがあり、つけ汁を何度でも温めなおすことができる。ちゃんと日本レベルだった。

 

コムローイツアーはとても楽しかった。大満足。