東のバンコク日録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

コムローイ②

2017年5月6日(土)晴れ

一夜明けて、朝。

ホテル3階のレストランで朝食。

f:id:jasminchef927:20170508204932j:image

ブッフェスタイル。

f:id:jasminchef927:20170508204953j:image

オムレツを作ってくれるのだが、一度に3つできるという謎仕様。

f:id:jasminchef927:20170508205027j:image

涼しかったのでテラス席で。

f:id:jasminchef927:20170508205122j:image

 

今日はチェンライ市内観光。

ワット・プラ・シン。

f:id:jasminchef927:20170508205839j:image

奥のお堂。

f:id:jasminchef927:20170508205902j:image

仏像。

f:id:jasminchef927:20170508205920j:image

両脇には感じの良い絵画が飾られていた。

f:id:jasminchef927:20170508210009j:image

手前のお堂。

f:id:jasminchef927:20170508210056j:image

仏像。

f:id:jasminchef927:20170508210117j:image

このお寺には、菩提樹を囲む誕生日仏像がある。目立たなさすぎて誰も周りにいなかった。

f:id:jasminchef927:20170508210206j:image

左から日、月、火

f:id:jasminchef927:20170508210306j:image

水、木

f:id:jasminchef927:20170508210334j:image

金、土

f:id:jasminchef927:20170508210346j:image

私が生まれたのは火曜日。守護仏は、プラプッタループ・パーンサイヤート。

f:id:jasminchef927:20170508210414j:image

七曜日の中で1人だけ寝転んでいるという横暴っぷり。

夫が生まれたのは金曜日。守護仏は、プラプッタループ・パーンラムプーン。

f:id:jasminchef927:20170508210700j:image

夫の守護仏は仏法と伝道について瞑想しているらしいが、私の守護仏は単に横になっているだけらしい。他の守護仏について調べても、単に寝転んでいる仏はいなかった。

 

続いてワット・プラケオ。

f:id:jasminchef927:20170508211236j:image

お堂。

f:id:jasminchef927:20170508211254j:image

参道の脇にまた守護仏がいた。

f:id:jasminchef927:20170508211513j:image

エメラルド仏。1990年に、ラマ9世のご母堂90歳を祝って新たに設置されたらしい。

f:id:jasminchef927:20170508211650j:image

バンコクのワットプラケオと異なり、だいぶ近くで見ることができる。

f:id:jasminchef927:20170508211727j:image

敷地内では唐辛子が干されていた。

f:id:jasminchef927:20170508211750j:image

敷地内の博物館。

f:id:jasminchef927:20170508211824j:image

仏像や昔の食器類が展示されている。

f:id:jasminchef927:20170508211952j:imagef:id:jasminchef927:20170508212000j:image

ラマ9世が、仏像と同列に扱われていた。

f:id:jasminchef927:20170508212039j:image

2階もある。

f:id:jasminchef927:20170508212103j:image

 

お昼はWiang inn hotelの1階レストラン。綺麗で嬉しい。

f:id:jasminchef927:20170508212239j:image

またしてもブッフェスタイル。味についてはお察し。

f:id:jasminchef927:20170508212321j:image

ここでタイに来て初めて、心待ちにしていたライチを食べた。日本のものと異なり、外皮は赤みが強く、酸味も強め。あまり好みではなかったが、まだシーズンではないのだろうか。

 

お次はバーン・ダム(黒い家)へ。同名のホラー小説があるが、こちらもだいぶおどろおどろしい。チェンライ出身の芸術家、タワン・ダッチャニー私設設ミュージアム。人間のダークサイドに焦点を当てた作品が多いとのこと。

ご尊顔。2014年に亡くなった。

f:id:jasminchef927:20170508213636j:image

駐車場から少し歩く。道中、小さなパイナップルを見かけた。

f:id:jasminchef927:20170508212639j:imagef:id:jasminchef927:20170508212650j:image

どうやらチェンライの名産品で、食べられるらしい。

f:id:jasminchef927:20170508212720j:image

20THBだったので買った。酸味が全くなく甘みが強く、とても美味しくて驚いた。

f:id:jasminchef927:20170508212757j:image

バーンダム。

f:id:jasminchef927:20170508212920j:image

チケットもおどろおどろしい。

f:id:jasminchef927:20170508213321j:image

扉。

f:id:jasminchef927:20170508214140j:image

館内。

f:id:jasminchef927:20170509095154j:image

ベンチ。

f:id:jasminchef927:20170508214331j:image

テーブルと椅子のセット。骨。

f:id:jasminchef927:20170508214218j:image

蛇の皮。

f:id:jasminchef927:20170508214306j:image

建物は大体黒い。

f:id:jasminchef927:20170508214443j:image

鴟尾のようなにょろにょろがたくさん出ている。

f:id:jasminchef927:20170508214552j:image

オームのようなこの建造物、

f:id:jasminchef927:20170508214707j:image

窓から覗いたら毛皮が敷き詰められていた。

f:id:jasminchef927:20170508214726j:image

並んだ水牛の頭蓋骨。

f:id:jasminchef927:20170508214810j:image

髑髏や目が描かれた建造物。

f:id:jasminchef927:20170508214855j:image

f:id:jasminchef927:20170508214934j:image

内部。

f:id:jasminchef927:20170508214948j:imagef:id:jasminchef927:20170508214959j:image

芸術とはかくも理解しがたきものよ。

 

最後は、首長族の村へ。

f:id:jasminchef927:20170508215135j:image

首に巻いているコイル。重くて片手では持ち上がらない。

f:id:jasminchef927:20170508215200j:image

これで2キロ。

f:id:jasminchef927:20170508215223j:image

ガイド曰く、昔は満月の夜に生まれた女性だけつけていた。満月の夜に生まれた女性は虎が好きなので、トラに噛まれて死んでしまわないように首にコイルを巻くようになったとのこと。防具だったのか。

山道を行く。

f:id:jasminchef927:20170508215349j:image

看板が適当すぎる。

f:id:jasminchef927:20170508215424j:image

アカ族の家。竹でできている。

f:id:jasminchef927:20170508215544j:image

お土産屋さんがたくさんある。

f:id:jasminchef927:20170508215659j:image

ここではアカ族の演奏ショーを見る。

f:id:jasminchef927:20170508214908j:image

長いの棒を竹の筒で打って音を出す。竹が空洞なので音がよく響く。

後ろでは、シンバルと銅羅と小さめのコンガを叩いていた。

シンバル。

f:id:jasminchef927:20170508221243j:image

銅羅。

f:id:jasminchef927:20170508221308j:image

コンガ。

f:id:jasminchef927:20170508221333j:image

終わると記念撮影。皆チップを入れていた。

f:id:jasminchef927:20170508221213j:image

 

お次はヤオ族。

f:id:jasminchef927:20170508222233j:image

刺繍の雰囲気が違う。ヤオ族の刺繍はとても細かい。ここで購入を迷ったストールは800THB。結局買わず。

 

そして首長族のカレン族。皆機織りをしていた。

f:id:jasminchef927:20170508222449j:image

赤土の上にいくつも家がある。

f:id:jasminchef927:20170508223123j:image

何か買いたいなと思いこのパターンの空色と紫色のストールを購入。200THB。

f:id:jasminchef927:20170508223309j:image

こうして見世物のようになっていることを彼女らはどう思っているのか。

 

今日の宿泊先、ドゥシット・アイランド・リゾート・チェンライに到着。 以降自由行動。

f:id:jasminchef927:20170508223414j:image

ロビー。ドゥシタニ系列のホテルで、とてもリッチな雰囲気。

f:id:jasminchef927:20170508223655j:image

ウェルカムドリンク。甘く、少しハーブの味がした。

f:id:jasminchef927:20170508223439j:image

お部屋。

f:id:jasminchef927:20170508223513j:image

ホテルの乗り合いバンで街へ出る。60THB/person/way。チェンライにはナイトマーケットがあり、この日は土曜だったので大きなサタデーマーケットも出ていた。

派手派手しい時計塔。

f:id:jasminchef927:20170508224136j:image

チェンライ出身の芸術家、チャルムチャイ・コーシーピパット作。明日行くワット・ロンクンの作者でもある。

山岳民族がにっこり。

f:id:jasminchef927:20170508224219j:image

サタデーマーケットの南側の公園には舞台が設置されており、夥しい数の人が既に座って食事をしていた。

f:id:jasminchef927:20170509084058j:image

公園内の通りは食べ物の屋台がずらり。

f:id:jasminchef927:20170509084152j:image

まだ明るいので先に腹ごしらえ。地球の歩き方に載っていた、プーレーレストランへ。サタデーマケットのあるタナライ通り沿いの東寄り、南側にある。

 f:id:jasminchef927:20170509082651j:image

内観。

f:id:jasminchef927:20170509082821j:image

海老すり身の包み揚げ、豚のイエローカレー

f:id:jasminchef927:20170509082934j:image

カレーはチェンライ料理のページに上がっていた。昨日のブッフェにもあったのだがチェンライ料理とは思わなかった。

クンオプウンセン。

f:id:jasminchef927:20170509083100j:image

マンゴスチンジュースとブドウジュース。

f:id:jasminchef927:20170509083134j:image

マンゴスチンジュース。お味はほどほど。

 

ナイトマーケットへ。

アユタヤ名物、ロティーサイマイを見つけた。

f:id:jasminchef927:20170509083328j:image

パン生地のようなものを鉄板に押し付けて円を描き、すぐに持ち上げて次の円を描く。円を描いた後に残った生地はほんの少し焼くだけ。手つきがあまりに鮮やかで、魔法のようだった。

通路は人で埋まっており、北側の道は西から東へ、南側の道は東から西への一方通行になっていた。

f:id:jasminchef927:20170509084347j:image

公園内の食べ物通り。芋洗い。

f:id:jasminchef927:20170509085202j:image

この蒸し暑い中で寿司。結構人気だった。買った人がお腹を壊さないことを祈る。

f:id:jasminchef927:20170509085306j:image

うずらの卵の目玉焼き。可愛い。

f:id:jasminchef927:20170509085344j:image

日本で一時期爆発的に流行った、ポクポン人形。当時はタイのお守りだったとはつゆ知らず。

f:id:jasminchef927:20170509085439j:image

謎の楽器を操るご老人。マリンバのような深みのある音。

f:id:jasminchef927:20170509084829j:image

舞台の前では、タイ人が盆踊りをしていた。全員踊れるという驚きの普及度。

f:id:jasminchef927:20170509085012j:image

 

常設のナイトマーケットの方に移動。

入口のお茶屋さんでナム・マトゥームを購入。

内観。

f:id:jasminchef927:20170509091107j:image

左2つがナムマトゥーム。

f:id:jasminchef927:20170509085521j:image

お湯1リットルに4,5個入れて、10-15分待つ。マトゥームは何回か使えるらしい。

マトゥーム自体はそれほど甘くないらしく、甘いのが好きならステビアの葉を入れるよう勧められた。少し値引きしてもらって、左3つで150THB。

 

暇だったのか、お茶の試飲をさせてくれた。中国式の小さな急須、茶壺(チャフー)で淹れる。1回目のお茶は茶杯を洗うために使い、流してしまう。2回目に淹れたお茶を飲む。

細長い方が聞香杯、お猪口みたいな方が品茗杯。聞香杯にお茶を注ぎ、品茗杯をかぶせてひっくり返して提供された。

f:id:jasminchef927:20170509090532j:image

聞香杯を抜いて品茗杯にお茶を移す。聞香杯で香りを聞く。烏龍茶にモクセイの花を入れたもの。いい香りだったので購入。

f:id:jasminchef927:20170509090548j:image

お店の人お勧めの茶壺。2ついっぺんにお茶を淹れることができるわけではなく、デザインとのこと。

f:id:jasminchef927:20170509090649j:image

ナイトマーケットの奥の方にはステージと露天があった。人は少なめ。f:id:jasminchef927:20170509090759j:image

f:id:jasminchef927:20170509090816j:image

 

時計塔が、19,21,23時にライトアップされるらしいと聞いた。

ライトアップ前。

f:id:jasminchef927:20170509091301j:image

待っている人々。結構いた。

f:id:jasminchef927:20170509091319j:image

最初に学校で流れるようなチャイムが鳴る。その後曲が二曲流れ、その間単色だがライトが変化する。

f:id:jasminchef927:20170509091713j:image

f:id:jasminchef927:20170509091737j:image

f:id:jasminchef927:20170509091754j:image

 

タクシーを拾って帰路につく。80THB。