東のバンコク日録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

コムローイ①

2017年5月5日(金)雨のち晴れ

今日から二泊三日でHISのコムローイツアーに参加。

コムローイとは、塔の上のラプンツェルのラストに近いあのシーンのモデルになったと言われている、灯篭上げのお祭り。本来は11月の満月の夜に長い長い儀式の一環として行われるのだが、これはHISが政府に許可をとって特別に開催しているもの。開催は今年で2回目。

 

朝は豪雨。ヒヤヒヤしたが昼には上がった。

13:10ドンムアン空港発。

ノックエアーの飛行機。

f:id:jasminchef927:20170508092559j:image

シートベルトの着用を促す説明書き。服装がお洒落。

f:id:jasminchef927:20170508092641j:image

チャラい。

f:id:jasminchef927:20170508092702j:image

機内食。というか間食。しかしなかなか美味しかった。

f:id:jasminchef927:20170508092733j:image

ペットボトルのカモメが可愛い。

f:id:jasminchef927:20170508092753j:image

 

14:45チェンライ空港着。出入口正面で女の子が踊ったり演奏したりしていた。

f:id:jasminchef927:20170508093102j:image

コムローイの会場は、タイ、ラオスミャンマーの国境が接するゴールデントライアングル。

バスでゴールデントライアングル至近のインペリアルゴールデンホテルに向かう。所要時間1時間ほど。

f:id:jasminchef927:20170508093133j:image

HISのタイ人のガイドさんが同乗。日本語がそこそこ上手い。チェンライという名前の由来は、チェン〔都〕ライ〔昔の王様の名前〕とのこと。

道中、岸の向こうがラオスですとの説明。

f:id:jasminchef927:20170508093314j:image

ゴールデントライアングル付近の街並み。

f:id:jasminchef927:20170508093534j:image

16時頃着。

f:id:jasminchef927:20170508192742j:image

フロント。

f:id:jasminchef927:20170508093630j:image

お部屋。

f:id:jasminchef927:20170508093718j:image

17:30まで自由時間。ホテルから徒歩五分のゴールデントライアングルパーク。

f:id:jasminchef927:20170508094411j:image

手前がタイ、右手がラオス、左手がミャンマー

f:id:jasminchef927:20170508094451j:image

国境は川の中にあるのだが、この船は今どの国の領域を航行しているのだろうか。

f:id:jasminchef927:20170508094724j:image

このような看板がいたるところにある。

f:id:jasminchef927:20170508094819j:image

巨大な金の仏像と、

f:id:jasminchef927:20170508095322j:imagef:id:jasminchef927:20170508095402j:image

巨大な金の卒塔婆のようなものと象。コンセプトが謎すぎる。

近辺の街並み。

f:id:jasminchef927:20170508094940j:image

さらに南のワット・プラ・タット・プーカオにも足をのばした。

f:id:jasminchef927:20170508095439j:image

長い階段を登って、

f:id:jasminchef927:20170508192211j:image

お堂の中に仏像がいくつか、

f:id:jasminchef927:20170508192524j:imagef:id:jasminchef927:20170508192541j:image

破壊された仏像もあった。

 f:id:jasminchef927:20170508192609j:image

なんだか異臭がすると思ったら、

f:id:jasminchef927:20170508192626j:image

ジャックフルーツの木だった。

f:id:jasminchef927:20170508192713j:image

 

17:30から縁日。

f:id:jasminchef927:20170508192905j:image

入口で、近隣の山岳民族の衣装を着た女性が、

f:id:jasminchef927:20170508193107j:image

白い花のレイをかけてくれる。

f:id:jasminchef927:20170508193154j:image

 

ゲートの向こうには、様々な催しがある。

伝統的な遊び。

f:id:jasminchef927:20170508193230j:image

象の餌やり、

f:id:jasminchef927:20170508193507j:image

ダーツで風船を割る。全然まっすぐ飛ばない。

f:id:jasminchef927:20170508193528j:image

テニスボールを投げて空き缶を倒す。これも難しい。

f:id:jasminchef927:20170508193603j:image

射的。

f:id:jasminchef927:20170508193642j:image

これは夫が上手かった。戦利品。

f:id:jasminchef927:20170508193715j:image

金魚すくい。金魚はこれから三日間、生き延びられるのか。

f:id:jasminchef927:20170508193752j:image

コマ回し。

f:id:jasminchef927:20170508194120j:image

紐を巻いて回すのだが、なかなか立たない。

f:id:jasminchef927:20170508194159j:image

 

18:30から食事。すごい人。

f:id:jasminchef927:20170508194442j:image

食事はブッフェスタイル。右手と後方の2箇所に設置。

f:id:jasminchef927:20170508194626j:image

カオソーイもあった。

f:id:jasminchef927:20170508194704j:image

テーブル。

f:id:jasminchef927:20170508194728j:image

食事が始まると、前方の舞台でお笑い芸人さんがMCを始める。

f:id:jasminchef927:20170508195419j:image

左からぼんちきよし、あっぱれコイズミ、はなずみ(敬称略)。

彼らは吉本興業の「住みますアジア芸人」という企画でタイに移住している。左の2人は丸2年、右端の人は丸1年、バンコクに住んでいる。少し調べたところによると、最初のうちは、電気水道なし職なしと、かなり過酷な生活を強いられていたらしい。これからも頑張ってほしい。

 

さらに舞台では、山岳民族の踊りが披露される。

①グローンサバットチャイ

f:id:jasminchef927:20170508200000j:image
戦争の前に行われる踊り。雨乞いの意味もあるらしい。今やったらまずいのでは、と芸人さんも言っていた。旋律はなく、シンバルと太鼓と銅羅のシンプルな音楽。

 

②ホンナカークフンチャート

f:id:jasminchef927:20170508200517j:image

これはチェンライの古代王朝、ランナーの美術としての踊り。ミャンマー王朝のダンスに影響を受けている。ミャンマーの服装をしている。操り人形のような動きが特徴で、首に掛けている布を糸に見立てて操る。音楽はカンボジアの伝統的な舞踊、アプサラに似ている。

f:id:jasminchef927:20170508200717j:image
操る側は金色の面をつけており、人形側も白い面をつけている。

 

③ラバムルアムパ

f:id:jasminchef927:20170508201200j:image

山岳民族が自分たちの文化を示すもの。二胡のようなゆったりした音楽で、動きもゆるい。

踊りが可愛い。

f:id:jasminchef927:20170508201227j:image
右から、

アカ族
モン族(この2つは解説がよく聞こえなかった)
カレン族ミャンマー系)
ヤウ族(顔が赤い、中国系、美人が多く肌が綺麗)

 

④ホンラオ

f:id:jasminchef927:20170508202145j:image

メコン川のナーガ(蛇神)崇拝。音楽は、速くなったり遅くなったりし、低音がきいていた。

f:id:jasminchef927:20170508202233j:image

 

⑤フォンノック

f:id:jasminchef927:20170508202430j:image

ギンノットギンナリーという半人半鳥の神様が仏様のために踊るダンスを真似たもの。音楽は神秘的な感じで鳥の鳴き声入り。

後半、黄色の動物が出てきた。

f:id:jasminchef927:20170508202606j:image

結構激しく踊る。

f:id:jasminchef927:20170508202626j:image

終盤は舞台から降りてきて、口をカパカパいわせて客に絡んでいた。

f:id:jasminchef927:20170508202702j:image

そしていよいよコムローイ。

場所を少し移動する。

f:id:jasminchef927:20170508202841j:image

蝋燭を挟んで2人で向かい合って立つ。

f:id:jasminchef927:20170508202909j:image

ランタンは1組につき3つ。

最初に見本を見て、その後皆で。袋の部分を広げて、中心のドーナツ状のものに火をつける。ポイントは、袋を隅までしっかり広げること。

f:id:jasminchef927:20170508203217j:image

袋内の空気が十分温められて浮力を持つまで待つ。結構時間がかかる。持っている手は結構熱い。

簡単に燃えそうだなと思っていたら、早速隣の子連れの方のランタンが燃えていた。風に乗ってこちらに流れてきたので慄いた。スタッフが着地したものを踏んづけて消火。

MCの合図で一斉に空に放つ。

f:id:jasminchef927:20170508203625j:image

歓声が上がる。

f:id:jasminchef927:20170508203938j:image

ゆらゆらとゆっくり上がっていくのがまた美しい。

f:id:jasminchef927:20170508204155j:image

風に乗って、ミャンマーの方へ飛んでいった。

 f:id:jasminchef927:20170508204247j:image

ミャンマーから苦情が来ないだろうか。

これを3回。途中で袋に燃え移って墜落するものもある。「消防車も呼んであるので大丈夫です」とのこと。

最後の1つ。

f:id:jasminchef927:20170508204439j:image

始めはうまく飛ばず横に流れていたが、

f:id:jasminchef927:20170508204532j:image

最後はきちんと上がっていった。

f:id:jasminchef927:20170508204551j:image

とても綺麗だった。良い経験をした。

 

少数だが日本から来ていた人もいた。北は仙台から、南は沖縄から。また機会があったらぜひ参加したい。