読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

モルディブ旅行②

2017年4月12日(水)晴れ

起きたら海が綺麗だった。バルコニーからの眺め。

f:id:jasminchef927:20170418013438j:image

明るい日の下での桟橋もまた良い。

f:id:jasminchef927:20170418013643j:image

海中ハンモックまで歩いて行けるようになっていた

f:id:jasminchef927:20170418013828j:image

ので近くまで行って乗った。

f:id:jasminchef927:20170418014022j:image

朝ご飯のライブキッチンは、オムレツとワッフル。

f:id:jasminchef927:20170418014210j:image

オムレツは、両面焼いてお好み焼きのようにし、最後にチーズを片方の半円に置いて半分に折るという変わった作り方だった。美味しい。

 

部屋に戻ってうとうとしていたらお昼になったのでお昼ご飯を食べにマンタレストランへ。飽食。

またカルボナーラを食べる。

f:id:jasminchef927:20170418014402j:image

この眺め。

f:id:jasminchef927:20170418014458j:image

水上飛行機が到着する。

f:id:jasminchef927:20170418015904j:image

f:id:jasminchef927:20170418015929j:image

f:id:jasminchef927:20170418015954j:image

ヴィラへ続く桟橋で、ブライダル写真を撮っている日本人がいた。美しすぎて眩暈がしそうな眺め。

f:id:jasminchef927:20170418020055j:image

 

15:30からマンタシュノーケリング

オールインクルーシブプランには、エクスカーションを1種類とガイド付きのシュノーケリングツアー1回が含まれているが、ダイビングは含まれていなかった。

ダイビングは沖縄で1回やっただけだったが、シュノーケリングよりも多くの種類の魚が見られるので是非やりたいと思っていた。

申込みは、リゾート内のダイビングセンターで行う。モルディブは大体どこもそうらしい。そしてなぜか事前予約は受け付けていないので、島に到着してから急いで計画を立てることになる。昨日はこれに追われていた。

今回はダイビング175ドルに20ドル上乗せするだけでもう1つメニューを追加できるとのことだったので、マンタシュノーケリングを追加。

1つ目のポイントに行ったがマンタは見られず。2つ目のポイントでシュノーケリングをして帰ってきた。レンタルした水中カメラで、夫がぐいぐい素潜りして撮った写真。前世は魚か。

コバルトブルーの魚の群れ。

f:id:jasminchef927:20170418020653j:image

珊瑚はほとんどが死滅していて、わずかに先端だけが青く光っているものが散見される程度だった。

f:id:jasminchef927:20170418021211j:image

エンゼルフィッシュ

f:id:jasminchef927:20170418195654j:image

またコバルトブルーの魚の群れ。

f:id:jasminchef927:20170418195758j:image

チョウチョウウオ

f:id:jasminchef927:20170418200621j:image

シャコガイ。沖縄で教えてもらったが、見えているのはほんの一部で、本体はものすごく大きいらしい。

f:id:jasminchef927:20170418201003j:image

ちょっとくねっているヒトデ。

f:id:jasminchef927:20170418201114j:image

黄色い魚と青い魚の群れ。

f:id:jasminchef927:20170418201244j:image

こんなカラフルな船で沖に出た。

f:id:jasminchef927:20170418201546j:image

中はこんな感じ。

f:id:jasminchef927:20170418201756j:image

 

夕方は、マネジメントカクテルに参加した。

f:id:jasminchef927:20170418021712j:image

マネジメントカクテルとは、この島のマネージャーなど普段接客には現れない運営側に対して運営に関する質問や改善点を述べることができるハイソサイエティーなカクテルパーティのこと。

特に話すことはないが参加した。ふちっこでひっそり飲んでいたらスタッフが寄ってきてくれた。

f:id:jasminchef927:20170418201952j:image

ここには様々な国から来た250名のスタッフがおり、大多数はこの島の中央付近の高い壁で囲まれた領域の中の寮に住んでいることや、島の中央部で水や電気を作っていることなどを教えてくれた。

この島では、その寮や発電所などリゾートの裏側を見ることができるツアーもあるが、都合が合わず参加できなかった。残念。

 

月が出ていないと海は真っ暗。

f:id:jasminchef927:20170418202533j:image

 

ディナーのテーマは日替わり。今日はインディアン/スリランカン。

レストラン前のビーチには謎のディスプレイ。

f:id:jasminchef927:20170418202726j:image

いつもソファが置いてあるスペースでギターの弾き語りが行われていた。

 f:id:jasminchef927:20170418202811j:image

ブッフェスペースの遠景。イースターが近かったので卵の飾り付けがしてある。

f:id:jasminchef927:20170418203335j:image

チーズもある。ドライフルーツやナッツ、蜂蜜と食べると美味しいと知ったのは結構最近。

f:id:jasminchef927:20170418203433j:image

そしてカルボナーラ。パスタ担当のインドネシア人が、「いつものね」と言い出した。日本語がお上手。

f:id:jasminchef927:20170418202923j:image

食後、海に突き出たおしゃれな2人席を発見。多分特別な席。

f:id:jasminchef927:20170418203040j:image

今夜はトーテムバーに行ってみた。

f:id:jasminchef927:20170418203132j:image

マンゴースムージーはバンコクの方が断然美味しい。

f:id:jasminchef927:20170418203209j:image

 

ここに来て初めて、南国リゾートにハマる理由がわかった気がした。

同じ南の島でも沖縄は、現に人が住んでいるところに観光客としてお邪魔しているという感じだったが、ここは違う。

ここは人が住んでいる気配が一切なく、この島にあるあらゆるものが客のために用意されており、主役である客にひたすら奉仕するためにスタッフが存在しているという姿勢をひしひしと感じる。もともとこの島に人は住んでいなかったのだから当然だが、この本気度はすごい。

新しい世界を知ってしまった感じがする。