読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

カンボジア旅行①

2017年2月11日(土)晴れ

行き先はカンボジア

ドンムアン空港からエアアジアで。

洗練されている。

f:id:jasminchef927:20170213095331j:image

約1時間のフライトで、シェムリアップ空港着。

f:id:jasminchef927:20170212200053j:image

連子状窓を模したつくり。

f:id:jasminchef927:20170212200120j:image

カンボジアは、どんなに滞在が短くてもビザを取得しなければならない。観光ビザ30ドル。

入国審査で両手10本全ての指紋を取られる。最初に右手の親指以外の4本、そして右手親指、次いで左手。

 

送迎サービスで宿泊ホテルNita by Voまで。着いたらウェルカムドリンクとディムサムが出てきた。

f:id:jasminchef927:20170212200425j:image

ディムサムは点心のこと。ジャガイモを主体とする野菜ペーストのワンタン包み揚げ。

 

チェックイン時に色々話したので、ついでにカンボジア伝統舞踊アプサラを見られるレストランの予約をお願いしておいた。

 

部屋に入ってすぐ目に入る、アプサラを踊るデバダー。

f:id:jasminchef927:20170212095733j:image

とても良いホテル。

f:id:jasminchef927:20170213202007j:image

部屋にあったウェルカムフルーツ。

f:id:jasminchef927:20170213202030j:image

ホテルでランチ。

amok  アモック。

f:id:jasminchef927:20170212200858j:image

amokはカンボジア料理の1つで、ココナッツカレー。タイ料理と似た味がする。川魚が少しにおう。奥はカンボジア炒飯。

 

ホテルに手配してもらったトゥクトゥクで遺跡を回る。アンコールワット周辺の遺跡は回り方が概ね決まっていて、スモールサークル、ビッグサークルの2種類がある。

このホテルでは、それぞれに含まれる遺跡は次のとおり。各々20ドル。

スモール: アンコールワット、バイヨン(アンコールトム内)、タ・ケウ、タ・ポム、バンテアイ・クデイ

ビッグ: プレア・カン、ニャック・ポアン、タ・ソム、東メボン、プレ・ループ

 

明日アンコールワットへ行く予定だったので、今日はビッグサークル。

ホテルの勧めで、回れるだけ回って、プレ・ループで夕陽を見る。

担当のトゥクトゥク

f:id:jasminchef927:20170213202236j:image

アンコールワットの手前のチケットセンターで、アンコールチケットを買う。

f:id:jasminchef927:20170213202437j:image

ベンメリアとプノン・クーレン以外はこのチケットがあれば入ることができる。なんとこの2月から大幅に値上げされていて、3日間券は40ドルだと聞いていたのに62ドルになっていた。納得できない。

f:id:jasminchef927:20170213202711j:image

チケットの表。購入時に顔写真を取られ、右下に印刷される。

f:id:jasminchef927:20170215223314j:image

裏。該当の日付に穴を開けられる。

f:id:jasminchef927:20170215223419j:image

この3日間で遺跡をいくつも回ったが、きちんと毎回チケットをチェックされた。

 

道中見たアンコールワットのお堀。広い。

f:id:jasminchef927:20170213203629j:image

①プリア・カン Preah Khan

参道。プリア・カンは聖なる剣という意味。

f:id:jasminchef927:20170213204111j:image

地面はサラサラの砂。サンダルだと砂が入って辛いと思う。スニーカーで来て正解。

参道の横の柱からは、仏陀像が剥ぎ取られている。

f:id:jasminchef927:20170213205007j:image

見えてきたプリア・カン。

f:id:jasminchef927:20170213204323j:image 

両側の柵は、ナーガ(蛇)を引っ張る神々。首がない。

f:id:jasminchef927:20170213204431j:image

西塔門。

f:id:jasminchef927:20170213205153j:image

西門。

f:id:jasminchef927:20170213205431j:image

内部は恐ろしいほど一直線になっている。

f:id:jasminchef927:20170213210526j:image

左右を見ると、かなり崩壊が進んでいる。

f:id:jasminchef927:20170213210635j:image

f:id:jasminchef927:20170213210743j:image

柱や壁には精巧な彫刻。

f:id:jasminchef927:20170213210843j:image

f:id:jasminchef927:20170213210921j:image

f:id:jasminchef927:20170213210940j:image

榕樹が遺跡を侵食している。

f:id:jasminchef927:20170213211621j:image

f:id:jasminchef927:20170213211637j:image

アプサラを踊る13人の踊り子。

f:id:jasminchef927:20170213211755j:image

アンコール遺跡群では珍しい、二階建ての建物。図書館だったという説もある。

f:id:jasminchef927:20170213211919j:image

ここは東西に出口があるので、東まで通り抜けた先でトゥクトゥクと待ち合わせ。

最初に見たことと、夕陽の時間帯だったことが加勢していたのかもしれないが、プリア・カンはものすごくよかった。

トゥクトゥクドライバーに、夕陽に間に合うようにするならここにいられるのは何分かと聞いたら40分と言われ、そんなにいるかしらと思ったが足りないくらいだった。

 

②ニャック・ポアン Neak Pean

ここは大きな湖の中にあって、池の上に浮かぶ長い参道を歩く。

f:id:jasminchef927:20170213212544j:image

図らずもここで美しい夕陽が見られた。

f:id:jasminchef927:20170213212645j:image

長い参道を抜けた先に見える祠堂。

f:id:jasminchef927:20170213220717j:image

上記写真左側の天馬。

f:id:jasminchef927:20170213220918j:image

帰り道。絡め取られた夕陽。

f:id:jasminchef927:20170213221151j:image

プリアカンで時間を使いすぎたので、早足で駆け抜けて15分で戻ってきた。上記写真が遺跡のほぼ全てだが、祠堂の東西南北には各々小池があるらしい。

 

③プレ・ループ Pre Rup

ここは遺跡の最上部まで登ることができ、そこから夕日を見る。

とんでもなく急な階段。

f:id:jasminchef927:20170215021547j:image

踊り場のシンハ(獅子)。

f:id:jasminchef927:20170215022149j:image

最上部。

f:id:jasminchef927:20170215022916j:image

最上部の偽扉。扉のように見えるが開かない。アンコール遺跡群にはよくある。

f:id:jasminchef927:20170215023127j:image

天高く獅子吠ゆる冬。

f:id:jasminchef927:20170215023226j:image

夕陽を見るシンハ。

f:id:jasminchef927:20170215023341j:image

座っていた場所から下を見たところ。結構な高さから見ていた。

f:id:jasminchef927:20170215023722j:image

鈴生りの人。

f:id:jasminchef927:20170215023817j:image

沈むまで待って、急傾斜の階段をゆっくり下りる。

 

夜ご飯はpub streetのsoup dragonへ。

いかにも繁華街、という感じ。

f:id:jasminchef927:20170215024115j:image

soup dragon外観。

f:id:jasminchef927:20170215024409j:image

メニューの表紙。

f:id:jasminchef927:20170215024450j:image

ここはカンボジア名物の1つ、チュナン・ダイが有名。チュナン・ダイは直訳すれば土鍋だが、転じて最近では鍋料理全般を指すらしい。確かに土鍋。

f:id:jasminchef927:20170215024732j:image

具は、牛肉、卵、舞茸、何らかの葉物野菜、カリカリに揚げられた薄揚げ、麺。

牛肉のつみれとネギは最初から入っていた。

f:id:jasminchef927:20170215024831j:image

卵を牛肉の皿に入れて溶いて、牛肉にまぶしてから鍋に入れていた。驚いていたので写真がぶれているしうまく写っていない。

f:id:jasminchef927:20170215025232j:image

出来上がり。

f:id:jasminchef927:20170215025304j:image

優しい味。調味料が色々ついてきたけどほとんど使わず。お腹いっぱいになった。

f:id:jasminchef927:20170215025346j:image

 

トゥクトゥクで帰る。

初日から遺跡を結構見られて満足。カンボジアの夜は意外にも外気温が低く、半袖にストールだと寒いくらいだった。