読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東のバンコク日録

バンコク駐妻の日録です。

モルディブ旅行②

2017年4月12日(水)晴れ

起きたら海が綺麗だった。バルコニーからの眺め。

f:id:jasminchef927:20170418013438j:image

明るい日の下での桟橋もまた良い。

f:id:jasminchef927:20170418013643j:image

海中ハンモックまで歩いて行けるようになっていた

f:id:jasminchef927:20170418013828j:image

ので近くまで行って乗った。

f:id:jasminchef927:20170418014022j:image

朝ご飯のライブキッチンは、オムレツとワッフル。

f:id:jasminchef927:20170418014210j:image

オムレツは、両面焼いてお好み焼きのようにし、最後にチーズを片方の半円に置いて半分に折るという変わった作り方だった。美味しい。

 

部屋に戻ってうとうとしていたらお昼になったのでお昼ご飯を食べにマンタレストランへ。飽食。

またカルボナーラを食べる。

f:id:jasminchef927:20170418014402j:image

この眺め。

f:id:jasminchef927:20170418014458j:image

水上飛行機が到着する。

f:id:jasminchef927:20170418015904j:image

f:id:jasminchef927:20170418015929j:image

f:id:jasminchef927:20170418015954j:image

ヴィラへ続く桟橋で、ブライダル写真を撮っている日本人がいた。美しすぎて眩暈がしそうな眺め。

f:id:jasminchef927:20170418020055j:image

 

15:30からマンタシュノーケリング

オールインクルーシブプランには、エクスカーションを1種類とガイド付きのシュノーケリングツアー1回が含まれているが、ダイビングは含まれていなかった。

ダイビングは沖縄で1回やっただけだったが、シュノーケリングよりも多くの種類の魚が見られるので是非やりたいと思っていた。

申込みは、リゾート内のダイビングセンターで行う。モルディブは大体どこもそうらしい。そしてなぜか事前予約は受け付けていないので、島に到着してから急いで計画を立てることになる。昨日はこれに追われていた。

今回はダイビング175ドルに20ドル上乗せするだけでもう1つメニューを追加できるとのことだったので、マンタシュノーケリングを追加。

1つ目のポイントに行ったがマンタは見られず。2つ目のポイントでシュノーケリングをして帰ってきた。レンタルした水中カメラで、夫がぐいぐい素潜りして撮った写真。前世は魚か。

コバルトブルーの魚の群れ。

f:id:jasminchef927:20170418020653j:image

珊瑚はほとんどが死滅していて、わずかに先端だけが青く光っているものが散見される程度だった。

f:id:jasminchef927:20170418021211j:image

エンゼルフィッシュ

f:id:jasminchef927:20170418195654j:image

またコバルトブルーの魚の群れ。

f:id:jasminchef927:20170418195758j:image

チョウチョウウオ

f:id:jasminchef927:20170418200621j:image

シャコガイ。沖縄で教えてもらったが、見えているのはほんの一部で、本体はものすごく大きいらしい。

f:id:jasminchef927:20170418201003j:image

ちょっとくねっているヒトデ。

f:id:jasminchef927:20170418201114j:image

黄色い魚と青い魚の群れ。

f:id:jasminchef927:20170418201244j:image

こんなカラフルな船で沖に出た。

f:id:jasminchef927:20170418201546j:image

中はこんな感じ。

f:id:jasminchef927:20170418201756j:image

 

夕方は、マネジメントカクテルに参加した。

f:id:jasminchef927:20170418021712j:image

マネジメントカクテルとは、この島のマネージャーなど普段接客には現れない運営側に対して運営に関する質問や改善点を述べることができるハイソサイエティーなカクテルパーティのこと。

特に話すことはないが参加した。ふちっこでひっそり飲んでいたらスタッフが寄ってきてくれた。

f:id:jasminchef927:20170418201952j:image

ここには様々な国から来た250名のスタッフがおり、大多数はこの島の中央付近の高い壁で囲まれた領域の中の寮に住んでいることや、島の中央部で水や電気を作っていることなどを教えてくれた。

この島では、その寮や発電所などリゾートの裏側を見ることができるツアーもあるが、都合が合わず参加できなかった。残念。

 

月が出ていないと海は真っ暗。

f:id:jasminchef927:20170418202533j:image

 

ディナーのテーマは日替わり。今日はインディアン/スリランカン。

レストラン前のビーチには謎のディスプレイ。

f:id:jasminchef927:20170418202726j:image

いつもソファが置いてあるスペースでギターの弾き語りが行われていた。

 f:id:jasminchef927:20170418202811j:image

ブッフェスペースの遠景。イースターが近かったので卵の飾り付けがしてある。

f:id:jasminchef927:20170418203335j:image

チーズもある。ドライフルーツやナッツ、蜂蜜と食べると美味しいと知ったのは結構最近。

f:id:jasminchef927:20170418203433j:image

そしてカルボナーラ。パスタ担当のインドネシア人が、「いつものね」と言い出した。日本語がお上手。

f:id:jasminchef927:20170418202923j:image

食後、海に突き出たおしゃれな2人席を発見。多分特別な席。

f:id:jasminchef927:20170418203040j:image

今夜はトーテムバーに行ってみた。

f:id:jasminchef927:20170418203132j:image

マンゴースムージーはバンコクの方が断然美味しい。

f:id:jasminchef927:20170418203209j:image

 

ここに来て初めて、南国リゾートにハマる理由がわかった気がした。

同じ南の島でも沖縄は、現に人が住んでいるところに観光客としてお邪魔しているという感じだったが、ここは違う。

ここは人が住んでいる気配が一切なく、この島にあるあらゆるものが客のために用意されており、主役である客にひたすら奉仕するためにスタッフが存在しているという姿勢をひしひしと感じる。もともとこの島に人は住んでいなかったのだから当然だが、この本気度はすごい。

新しい世界を知ってしまった感じがする。

 

モルディブ旅行①

2017年4月11日(火)晴れ

6:30に家を出発。

9:30発の飛行機に乗り、約4時間のフライト。モルディブの時刻はタイより2時間遅れているため、現地時刻11:45着。

マーレ国際空港に近づくと、綺麗なサンゴ礁が見えた。

f:id:jasminchef927:20170417124430j:image

モルディブ公用語のディベヒ語。タイ文字よりも法則が読み取りやすい気がする。一文字も読めないけど。

f:id:jasminchef927:20170417124557j:image

マーレ国際空港には各リゾートのカウンターがあり、そこで水上飛行機又はスピードボートの案内を受ける。

奥の方の、黒いディスプレイが付いたカウンター1つ1つが各リゾートのもの。

f:id:jasminchef927:20170417125143j:image

モルディブは1つの島に1つのリゾートなので、カウンターもたくさんある。

今回私達が泊まるリゾートのカウンター。

f:id:jasminchef927:20170417181923j:image

水上飛行機のチェックインカウンター。

f:id:jasminchef927:20170417125521j:image

どうやらこの会社がモルディブの各リゾートへ行く水上飛行機のシェアを全て握っているようだ。

なんと搭乗券まで発券される。

f:id:jasminchef927:20170417125621j:image

14時に飛行機が飛ぶのでラウンジで待つようにと言われる。

ラウンジ内観。リッチ。

f:id:jasminchef927:20170417132440j:image

ラウンジ入口の絵画。

f:id:jasminchef927:20170417132735j:image

乗り場につながっているガラス戸がある奥から。日本人が多かった。

f:id:jasminchef927:20170417132647j:image

写真左あたりに軽食と飲み物。

f:id:jasminchef927:20170417132851j:image

味は普通。

f:id:jasminchef927:20170417132952j:image

水上飛行機。紅の豚

f:id:jasminchef927:20170417133242j:image

定員は15人ほどなので、ポルコの飛行機よりはだいぶ大きい。 

14時をだいぶ過ぎたところで呼ばれて桟橋を渡り、

f:id:jasminchef927:20170417133803j:image

乗る。

f:id:jasminchef927:20170417133851j:image

機内にエアコンはないが強力な扇風機があり、それなりに涼しい。

コックピット丸見え。

f:id:jasminchef927:20170417134332j:image

プロペラの横の席。

f:id:jasminchef927:20170417134432j:image

離陸!

f:id:jasminchef927:20170417134549j:image

道中美しい島々が見られる。

f:id:jasminchef927:20170417142001j:image

雲の中

f:id:jasminchef927:20170417142156j:image

を抜けて島が現れた時に上がる歓声。

f:id:jasminchef927:20170417142314j:image

25分ほど飛んで、一度着水。

f:id:jasminchef927:20170417142647j:image

ここでアラビア風の男性2名が降りた。海のど真ん中の筏に。

大丈夫か、と思っていたら後ろからスピードボートが来た。ここからリゾートに移動するらしい。

f:id:jasminchef927:20170417142438j:image

赤いピンのところがマーレ国際空港、青が現在地、緑のポイントがコンスタンスムーフシ。こんなスクショはしばらく撮れないと思う。

f:id:jasminchef927:20170417150602p:image

コンスタンスムーフシに到着。

f:id:jasminchef927:20170417151457j:image

NO NEWS

NO SHOSE

BEYOND THIS POINT.

f:id:jasminchef927:20170417160305j:image

レセプション。ここはリゾートタイムといってマーレよりも時計が1時間進んでいる。

f:id:jasminchef927:20170417160503j:image

ロゴ入りのビーチサンダルとウェルカムドリンク。

f:id:jasminchef927:20170417160343j:image

貝殻のディスプレイが可愛い。

f:id:jasminchef927:20170417160113j:image

カードキーもお洒落。

f:id:jasminchef927:20170417160559j:image

早速お部屋へ!

f:id:jasminchef927:20170417160722j:image

うちは一番右手前のお部屋。本当に海の上。テンションが上がりまくる。

f:id:jasminchef927:20170417160841j:image

入口。

 f:id:jasminchef927:20170417182335j:image

室内。ハネムーンみたいになっていた。

f:id:jasminchef927:20170417182418j:image

バルコニー。

f:id:jasminchef927:20170417182529j:image

海へ続く階段。

f:id:jasminchef927:20170417182557j:image

水上ヴィラの群れ。

f:id:jasminchef927:20170417182806j:image

夕日。水中ハンモックがあった。

f:id:jasminchef927:20170417183046j:image

水上ヴィラから島を見やる。

f:id:jasminchef927:20170417182943j:image

島に降り立って右手。右の道はビーチヴィラにつながっている。

f:id:jasminchef927:20170417184459j:image

右下の小さな植物は、ハネムーナーの記念植樹。

f:id:jasminchef927:20170417184733j:image

水上ヴィラを遠巻きに眺める。

f:id:jasminchef927:20170417184804j:image

こういうブランコがあちこちにある。

f:id:jasminchef927:20170417184927j:image

メインのバー、マンタバー。

 f:id:jasminchef927:20170417185037j:image

マンタバー前のビーチ。

f:id:jasminchef927:20170417185102j:image

メインのレストラン、マンタレストラン。

f:id:jasminchef927:20170417185138j:image

マンタレストラン前のビーチ。

f:id:jasminchef927:20170417185208j:image

プレイラウンジ。

f:id:jasminchef927:20170417185303j:image

離れ小島のライブキッチン。この日はシャワルマチキンなどを焼いていた。

f:id:jasminchef927:20170417185345j:image

ブルーラウンジという名の屋外スペース。

f:id:jasminchef927:20170417185514j:image

スパ。

f:id:jasminchef927:20170417185556j:image

スパの施術ルーム。水上ヴィラと同じ。

f:id:jasminchef927:20170417185616j:image

オールインクルーシブプランの期間中、一度だけ利用できるちょっといいレストラン、アリゼの席。

f:id:jasminchef927:20170417185849j:image

ネムーナー用の席。

f:id:jasminchef927:20170417185754j:image

サブのバー、トーテムバー。

f:id:jasminchef927:20170417185950j:image

木陰が映るように計算されたライト。

夕ご飯の席。

 f:id:jasminchef927:20170417190544j:image

ワインも飲み放題。メニューにはライトが付いている。

f:id:jasminchef927:20170417190625j:image

スペイン産のCAVA、montcadi。美味しい。あまり飲めない体質なのが悔しい。

f:id:jasminchef927:20170417191104j:image

ご飯はブッフェ形式。今日のテーマは地中海(中東)。

f:id:jasminchef927:20170417214117j:image

f:id:jasminchef927:20170417214652j:image

ここでパスタを作ってくれる。

f:id:jasminchef927:20170417214132j:image

初日に、カルボナーラが大好きですと伝えたら、裏に引っ込んで卵を持ってきてくれた。ここ担当のシェフはインドネシア人で、かなり流暢な日本語を話していた。驚き。このあと毎回カルボナーラを作ってもらった。

チーズでパスタが見えない。

f:id:jasminchef927:20170417214756j:image

調子に乗って白ワインも。Kloof Street Chenin Blanc。軽くて飲みやすい。

 f:id:jasminchef927:20170417215131j:image

ライトが月のよう。

f:id:jasminchef927:20170417215206j:image

マンタバー前のビーチ席に移動して、フレッシュフルーツジュースを飲む。人をダメにするクッションの上でごろり。

f:id:jasminchef927:20170417215255j:image

マンタバーの店内席はこんな感じになっており、ファランが踊っていた。

f:id:jasminchef927:20170417215356j:image

ヴィラまでの帰り道。

f:id:jasminchef927:20170417215422j:image

 

カオソーイ、Harrodsと携帯防水カバー

2017年4月10日(月)晴れ

夫は今日から、タイの旧正月ソンクランのため17日まで長期休み。

 

私はSSTへ。

(感情を表す動詞)thii(原因を表す文)

ex. sia-daay thii khun maa may daay.

〔あなたが来られなくて残念です〕

先生が、タイ語は以下の3つを使い分けると力説していた。

①saw-cay 〔悲しい〕

→泣きそうなとき

②sia-cay 〔残念に思う〕

→改まった言い方。哀悼の意を表するときにも使える。

③sia-daay 〔もったいない〕

→時間や機会を無駄にしたとき

日本語では全て「残念です」と言う、と言われ、確かにそうだと思った

 

午後は夫と料理教室へ。今回は単発で、大好きなカオソーイを習いに。タイの麺類はなぜか量が少ない。レシピを習って家で大量に食べようと目論んで参加。

材料。

f:id:jasminchef927:20170411014830j:image

主成分は、ココナッツミルク、レッドカレーペースト、カレー粉、パクチーの実の粉にナンプラーと椰子の砂糖。

写真左下、カオソーイによく乗っている高菜のようなものは塩漬けの白菜だった。

写真手前中央の麺、これで4玉。少なすぎる。

 

炒めて煮込んで、割と簡単。35分で写真中央の鳥モモ肉がほろほろになる。

 

もう一品は、ポーピャ・トート〔春巻・揚げる〕。

材料。

f:id:jasminchef927:20170411015231j:image

中身を炒めて包んで揚げる。簡単。

 

春巻を先に頂く。パリッと揚がって、美味しい。上2つの皿は、カオソーイのトッピング。

f:id:jasminchef927:20170411015421j:image

出来上がったカオソーイ。唐辛子は忌避。

f:id:jasminchef927:20170411015545j:image

 

帰りに買い物をしながら、初めてHarrodsに入った。

f:id:jasminchef927:20170411015817j:image

ミルクチョコレートヘーゼルナッツ。

f:id:jasminchef927:20170411015836j:image

ダークチョコレートラバー。

f:id:jasminchef927:20170411015851j:image 

 

それから、携帯の防水ケースを買った。

f:id:jasminchef927:20170411015915j:image

なぜなら、ソンクランに参加したいから。ソンクランは完全無礼講の水掛祭りなので、服はもちろん、鞄の中までびしょぬれになる。よって携帯は防水ケースに入れておかないと壊れる。

水鉄砲はもちろん、バケツで水をぶっかけられることもあるとか。時には氷が入っているものや、ミント系の清涼剤が入っているものがあり、とんでもなく体が冷えるとか。怖いもの見たさ半分で参加する。

 

防水ケースは、意外にもエンポリ内の携帯ショップでは取り扱いがなく、セブンならあるのではと言われたので最寄りのファミマに寄ったらあった。1つ65THB。ちゃんと上から操作できるし写真も撮れる。

 

準備万端。が、明日からはタイを離れて南の島で4泊5日。

JASMINと鉄道市場2号

2017年4月9日(日)晴れ

今日面白いことがあった。踏切前で遮断機が下りたので停止していたら、五分ほど待たされた挙句に電車が来ないまま遮断機が再び上がった。

混乱しながら運転手さんに尋ねたら、thanmadaa(普通だよ)とのこと。来るかもしれない時間に自動で降りることになっている、というようなことを言っていた。Amazing Thailand.

 

夫のタイ語が終わって、お昼はJASMINEへ。タイムズスクエア4階。

f:id:jasminchef927:20170411004915j:image

店内。

f:id:jasminchef927:20170411005544j:image

充実の点心。メニューが独立している。

f:id:jasminchef927:20170411005048j:image

可愛い箸置き。

f:id:jasminchef927:20170411005120j:image

f:id:jasminchef927:20170411005156j:image

卵スープ。美味しい。

f:id:jasminchef927:20170411005220j:image

点心祭り。美味しい。

f:id:jasminchef927:20170411005334j:image

また来たい。

 

英語を済ませてソンクラン旅行の買い出しへ。旦那のサングラスと靴を買いにプラチナムファッションモールへ。

館内図。

f:id:jasminchef927:20170411005639j:image

 

さらに、鉄道市場2号へ。ラチャダー地区にあるので、タラート・ロットファイ・ラチャダーともいう。MRTタイランドカルチャーセンター駅からすぐ。

f:id:jasminchef927:20170411010054j:image

ここはナイトマーケット。もともとチャトチャックでタイ国鉄の倉庫を利用して行われていたのが名前の由来。倉庫取り壊しのため郊外のシーナカリン地区に移転し、盛況であったことから2号市場を街中に作ったらしい。

主目的は、夜景。市場の隣にあるエスプラネードというショッピングモールの駐車場からまた夜景が、素晴らしく良い。私たちは4階から見た。19:30頃に行ったが、駐車場はガラ空き。

f:id:jasminchef927:20170411010329j:image

壁に近づいても何も見えないので不安になっていたら、

f:id:jasminchef927:20170411010355j:image

見えた。

f:id:jasminchef927:20170411010412j:image

綺麗。素晴らしかった。他にこれを見に来ている人はいなかった。

 

あとは消化試合のつもりで、市場へ。

ライブ演奏をしている店が結構あり、かなり騒がしい。

f:id:jasminchef927:20170411010649j:image

屋台の並び。

f:id:jasminchef927:20170411011041j:image

カノムブアン。薄焼きのクレープのようなパリッとした生地に、メレンゲを乗せて、フォイトーン(卵黄をシロップで麺状に茹でたもの)やココナッツ(オレンジに着色してあることが多い)を乗せたお菓子。

f:id:jasminchef927:20170411011129j:image

これで35THB。1個だけ食べたかったのに、箱売りしかないとのこと。かなり甘く、美味しかったがやはり1個で良い。

f:id:jasminchef927:20170411011335j:image

カブトガニだろうか。食べていいのか。

f:id:jasminchef927:20170411011403j:image

辛そうなソースまみれのシーフードを、ビニル手袋をして食べている人がいた。野蛮。

f:id:jasminchef927:20170411011455j:image

夥しい数のフィギュア。

f:id:jasminchef927:20170411011622j:image

なんと美容室まである。

f:id:jasminchef927:20170411011542j:image

しばらくうろうろして、さきほどの野蛮な食べ方のシーフードに挑戦することに。ミックスSサイズで399THB。さらに、スペラリブMサイズ190THBも頼んだ。辛さは選べるので、マイルドを選択。

机の装備。ゴミ箱、ビニル手袋、紙。

f:id:jasminchef927:20170411011734j:image

お隣の席。端をこのように折り返すと、ソースが垂れなくていい感じ。

f:id:jasminchef927:20170411012048j:image

なんとシーフードはビニル袋で運ばれてきて、店員が机の上にぶちまけるというスタイル。

f:id:jasminchef927:20170411012003j:image

殻が緑のムール貝はタイでよく見るが、食べたのは初めて。味は普通のムール貝。烏賊はイマイチで、エビが美味しかった。マイルドでもそれなりに辛く、見た目に反して味は薄かった。

そして驚きのスペアリブ。

f:id:jasminchef927:20170411012135j:image

こうやって肋骨の間にナイフを入れて切って食べる。おそらく煮ているのか、とても柔らかい。

f:id:jasminchef927:20170411012142j:image

食べきった。

f:id:jasminchef927:20170411012119j:image

キッチン。

f:id:jasminchef927:20170411012246j:image

 

ナイトマーケット、満喫。

Palm cuisine、Brookeとモーターショー

2017年3月8日(土)快晴のち曇り

朝から快晴。四月が本気を出してきた。夫は休日出勤。

街に出たら、amazing ソンクランの看板が。

f:id:jasminchef927:20170409021419j:image

歩道上に謎の設備があり、

f:id:jasminchef927:20170409021516j:image

エンポリ前の広場には客席ができていた。

f:id:jasminchef927:20170409021540j:image

行事があると屋台が出ている場所には、なんだかハイソなテーブル。

f:id:jasminchef927:20170409021619j:image

ソンクランへの気合がすごい。4/13〜15日が本当のソンクランらしい。ちょうどバンコクにいないのが悔やまれる。

 

お昼はトンローソイ16にあるPalm cuisineへ。

f:id:jasminchef927:20170409020458j:image

f:id:jasminchef927:20170409020519j:image

シックな店内。

f:id:jasminchef927:20170409020535j:image

セット350THB。

プーパッポンカリー、カオニャオ、キノコと豚ひき肉のスパイシーサラダ、トートマンプラー。

f:id:jasminchef927:20170409020622j:image

サラダは、マイペッといのは忘れなかったがマイサイパクチーというのは忘れた。しかし一応食べられた。パクチーにもそれなりに慣れてきた。

ドリンクとデザートもついてくる。大好きなカオニャオマムーアン。カオニャオがパンダンリーフで色付けされている。

f:id:jasminchef927:20170409020639j:image

友人が食べていたココナツアイスクリームに、半透明の謎の果物が付いていた。調べたところによると、どうやらルークチットと呼ばれるヤシの実のよう。

f:id:jasminchef927:20170409020840p:image

本当にこんな色形だった。

 

続いてトンロー通り沿いの生地屋さん、Brookeへ。

f:id:jasminchef927:20170409021002j:image

布が所狭しと並んでいた。

f:id:jasminchef927:20170409021040j:image

FKハウスでは本当に端切れしか見られないので、ワンピースを作る前に一度生地屋さんで全体的な印象を確認したいと思って行った。

迷いに迷って、淡い空色の布を購入。1メートル180THB。タックワンピースを作ってもらう予定だったので2メートル半購入、450THB。

 

夜は、連休前最終日定時上がりの夫の希望でモーターショーへ。

高速が少し詰まるとすぐ路側帯に出てくるタイの車。

f:id:jasminchef927:20170409022035j:image

ドンムアン空港から少し西へ、IMPACTというドームのような場所で行われる。

f:id:jasminchef927:20170409022105j:image

f:id:jasminchef927:20170409025825j:image

とんでもなく広い。

f:id:jasminchef927:20170409022254j:image

MINI。

f:id:jasminchef927:20170409022307j:image

1250万バーツのBMW電気自動車。f:id:jasminchef927:20170409022422j:image

照明ディスプレイが特徴的なスズキ。

f:id:jasminchef927:20170409022532j:image

リスクの高い展示をする三菱。

f:id:jasminchef927:20170409023138j:image

三菱の最初期のモデルが可愛かった。

f:id:jasminchef927:20170409023315j:image

ステージの上の車のそばには大体美人達が立っていた。

f:id:jasminchef927:20170409022759j:image

f:id:jasminchef927:20170409022825j:image

マツダロードスター。最近のオープンカーは進んでいて、リアカバーが持ち上がりその下からから屋根が出てくるという仕組み。蛇腹ではないらしい。

f:id:jasminchef927:20170409023435j:image

f:id:jasminchef927:20170409023456j:image

f:id:jasminchef927:20170409023510j:image

レクサス。ここだけで小さめの他の企業のブースくらいある。

f:id:jasminchef927:20170409023622j:image

トヨタの本体ブースは他のブースの1.5倍くらい。

f:id:jasminchef927:20170409023800j:image

ハイセンスなディスプレイのメルセデス・ベンツ

f:id:jasminchef927:20170409025123j:image

フォード。タイ人大好きピックアップトラック

f:id:jasminchef927:20170409024022j:image

シボレー。

f:id:jasminchef927:20170409023840j:image

マクラーレン

f:id:jasminchef927:20170409023901j:image

アウディ。このあたりの高級車は近寄らせてもらえない。

f:id:jasminchef927:20170409024105j:image

ポルシェと美人達。ごついカメラを構えた男性陣は皆美人達を撮っていた。

f:id:jasminchef927:20170409024211j:image

後ろは長め、

f:id:jasminchef927:20170409025713j:image

前は短めのスカートでダンスする美人達。

f:id:jasminchef927:20170409025729j:image

の前にいた人。

f:id:jasminchef927:20170409025805j:image

 

他にもホンダ、日産、ヒュンダイ、イスズ、ジャガーマセラティやタタ等たくさんあった。

 

バイクもあった。カワサキヤマハもあったが目を引いたのはハーレー。音楽も派手だった。

f:id:jasminchef927:20170409025539j:image

 

夜ご飯はIMPACT内のISAN AREAで。

ガイヤーンセット。

f:id:jasminchef927:20170409024458j:image

コームーヤーン。

f:id:jasminchef927:20170409024507j:image

カオソーイもイサーンの料理だし、日本人とイサーンのあたりの人の味覚は似ているのかもしれない。

 

日本のモーターショーは、車両技術の進歩を展示する側面が強いらしいが、タイのモーターショーは完全に販売メイン。巨大なディーラー市場だった。

Paris Mikkiとボンチョンチキン

2017年4月7日(金)曇り

今朝はSSTの3階で読経が上げられていた。前日の現王朝記念日と関係しているのだろうか。玄関前にも花飾りがあった。

f:id:jasminchef927:20170409014343j:image

今日は名詞の畳語。名詞を重ねることで複数形を表す。

dek-dek 子供達

puan-puan 友人達

phii-phii 兄・姉達

noon-noon 弟・妹達

形容詞を重ねることで、その形容詞の性質を有している様を表すという用法もある。

dam-dam 黒っぽい

yay-yay 大きめ

lek-lek 小さめ

こういった用法があるせいか、「同じだね」と言う時にタイ人はsame-same(英語読み)と言う。つくづく可愛らしい言語だなと思う。

 

お昼はターミナル21のボンチョンチキン。

f:id:jasminchef927:20170409014203j:image

いつも長蛇の列。今回も45分くらい待った。

地獄の釜のように煮立ったスンドゥブ。店員が雑に運ぶのでこぼれまくり。

f:id:jasminchef927:20170409014444j:image

手羽先と手羽元。Mサイズ10ピースをシェア。

f:id:jasminchef927:20170409014533j:image

大きめの手羽元。確かに大きい。友人がこれを皿に落とした時、重みのある「ドンッ」という音がした。

f:id:jasminchef927:20170409014613j:image

 

そして駐妻の皆様が口を揃えて絶賛するParis Mikkiへ。ソイ19。

f:id:jasminchef927:20170409014949j:image

ミルフィーユが人気で、昼過ぎには無くなってしまうと聞いていたので、3日ほど前に予約で取り置き。今日も売り切れていた。

美しいケーキ。

f:id:jasminchef927:20170409014918j:image

ちゃんと取り置かれていた。

f:id:jasminchef927:20170409015009j:image

恐ろしい緑色のケーキ。

f:id:jasminchef927:20170409015042j:image

ミルフィーユ、確かに美味しかった。パイはややしっとり。クリームは軽めで、クレーム・ディプロマットではないかと思われる。

f:id:jasminchef927:20170409015307j:image

臨時で参加した方が頼んでいたチョコケーキも濃厚で美味しかった。

 

175キロカロリー消費。

f:id:jasminchef927:20170409020143j:image

メークロン市場とアンパワー水上市場

2017年4月6日(木)曇り

今日は現王朝記念日。ラーマ1世チャクリー王朝を立朝し、バンコクを首都と定めたことを記念した祝日。

ということで少し遠出。

 

まずはメークロン市場へ。メークロン市場は、線路ギリギリまで市場が展開されており、電車が来るたびに店の日よけと商品を引っ込めるという面白い市場。

2016年の情報では、電車の通過時間は

着 8:30 11:10 14:30 17:40

発 6:20 9:00 11:30 15:30

11:10着と11:30発を目指して9:15にバンコクを出発。

ちょっと間に合わず、着は見られなかった。

来てしまった電車。

f:id:jasminchef927:20170408011200j:image

電車が通った後の線路に次々と人が入ってくる。本当にギリギリまで置いてある。

f:id:jasminchef927:20170408011408j:image

中は各店の日よけで薄暗く蒸し暑い。

f:id:jasminchef927:20170408011529j:image

バンコクでよく見る首の曲がった魚。

f:id:jasminchef927:20170408011650j:image

丸い入れ物に入れるために首を折っているらしいと聞いていたが、本当に丸い入れ物に入っていた。

ぶつ切りにされる前のナマズ

f:id:jasminchef927:20170408011725j:image

ぶつ切りにされたナマズ。凄惨。

 f:id:jasminchef927:20170408011742j:image

海老や、

f:id:jasminchef927:20170408011839j:image

烏賊、

f:id:jasminchef927:20170408011854j:image

魚もたくさん。

f:id:jasminchef927:20170408011908j:image

野菜もある。

f:id:jasminchef927:20170408011932j:image

トートマンプラー(タイ風さつま揚げ)の原料。

f:id:jasminchef927:20170408012013j:image

ロッチョンもあった。

f:id:jasminchef927:20170408012043j:image

バケツいっぱいの仙草ゼリー。

f:id:jasminchef927:20170408013118j:image

ここでフォイトーン等の詰め合わせを購入。

f:id:jasminchef927:20170408012214j:image

10THB。いずれもお祝いの席で作られる縁起の良いもの。「トーン」は金のこと。

f:id:jasminchef927:20170408012252j:image

①紐状のもの フォイ・トー

→卵黄と砂糖で作った生地を煮立ったシロップの中に線状に落として作る。卵の風味があり結構美味しい。でも少しで十分。

②花形のもの トーン・イップ

→材料はフォイトーンと同じらしいが花の香りが強い。

③球状のもの トーン・ヨー

 →絞ると滲み出るくらい脂っぽい。激甘。

④円柱状のもの カノム・メッカヌン

→黄豆餡を丸めて卵でコーティングして煮立ったシロップで茹でる。豆が原料なので他のものに比べると優しい味。

 

駅に到着。

f:id:jasminchef927:20170409010101j:image

電車はカラフル。皆真ん中の手すりがあるスペースによじ登って写真を撮っていた。

f:id:jasminchef927:20170409010121j:image

市場に引き返し、ここで電車が来るのを待つ。 

f:id:jasminchef927:20170409010355j:image 

あと3分で発車しますよというアナウンスが流れると、バタバタと店をたたみ始める。

f:id:jasminchef927:20170409010443j:image

1分足らずで様変わり。駅員と思われる人が、手旗で電車に合図していた。

f:id:jasminchef927:20170409010748j:image

観光客はカメラを構え、お店の人は日よけの支柱を支えている。

入口付近、野菜が引っ込められていない

f:id:jasminchef927:20170409011010j:image

と思ったら、なんと車体が野菜の上を通過するスタイル。

f:id:jasminchef927:20170409011112j:image

近づいてきた。

f:id:jasminchef927:20170409011230j:image

本当に近い。

f:id:jasminchef927:20170409011244j:image

うっかり何か引っかからないかとても心配。

f:id:jasminchef927:20170409011321j:image

通過後、あっという間に元どおり。

f:id:jasminchef927:20170409011626j:image

動かしやすいようにキャスターのついた台に商品を乗せている店もあった。賢い。

f:id:jasminchef927:20170409011717j:image

市場でラムヤイ(龍眼)を1キロ35THBで購入。驚くほど安い。デパートだと3倍くらい。質はほどほどによかった。

 

続いてアンパワー水上マーケットへ。

f:id:jasminchef927:20170409011916j:image

やや懸念していたが船がほとんどいない。

f:id:jasminchef927:20170409012027j:image

後にアイスクリーム店の店員に聞いたところ、やはり船が多いのは土日らしい。しかし人も少なく快適だった。

ここは運河沿いに店があり、洒落た雑貨等も多くタイの若者に人気の水上マーケットらしい。確かにタイ人が多かった。

藍染の服や、

f:id:jasminchef927:20170409012223j:image

髪飾り、

f:id:jasminchef927:20170409012240j:image

よく見かけたのはこの粘土細工。先ほど食べたフォイ・トーンなど。

f:id:jasminchef927:20170409012322j:image

笹の葉?入りのラズベリー

f:id:jasminchef927:20170409012417j:image

小さいトートマンプラーや、うずらの卵を揚げたものも同じような入れ物で売られていた。

ホーモック専用の素焼きの皿。

f:id:jasminchef927:20170409012459j:image

船も少しあった。なんと船上で調理していた。

f:id:jasminchef927:20170409013301j:image

f:id:jasminchef927:20170409013903j:image

f:id:jasminchef927:20170409013919j:image

ここでお昼。川下に向かって右手にある。

f:id:jasminchef927:20170409012634j:image

店先で焼かれていたエビにつられて入った。

f:id:jasminchef927:20170409012755j:image

が、どうやらソムタム屋さんだったらしく、やたらソムタムの種類が多い。

f:id:jasminchef927:20170409012728j:image

しかし辛酸が苦手なのでソムタムは頼まず、海老の丸焼きとカオパット。

f:id:jasminchef927:20170409012832j:image

海老がプリップリで美味しかった。アユタヤの手長海老と違い、臭みが全くない。カオパットは甘め。

川沿いを歩いていたらまたコモドオオトカゲを見た。

f:id:jasminchef927:20170409013319j:image

ここは本当におしゃれな店が多い。タイの若者が集うというのも納得。

f:id:jasminchef927:20170409013343j:image

洒落たコーヒーカウンター。汚いペットボトルが置いてあるのはタイらしいところ。

f:id:jasminchef927:20170409013555j:image

 

アンパワーは暗くなると蛍も見られるらしいのだが、暑さにやられていたので早めに帰宅。曇りでも暑いものは暑い。